宮城のお墓情報 その2


宮城ので代々継承してお墓の昔ながらの○○の墓というタイプの家族墓・個人墓について詳しく調べてみました。宮城県の岩沼市・刈田郡・角田市・黒川郡・柴田郡のお墓の情報があります。少子化の影響で、宮城でもお墓を継いでいくのは大変な中、従来のお墓を建てられる方も多いようです。

<宮城のお墓名称>
竹駒寺(たけこまじ)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県岩沼市桜一丁目2-49
<宮城のお墓への交通アクセス>
・JR「船岡駅」から徒歩5分
<宮城のお墓情報>
お墓も政治の政策に影響を受けたという歴史があり、その影響を受けた寺院墓地です。古くから日本三大稲荷のひとつに数えられる竹駒神社の別当寺で真言宗の寺院墓地です。 宮城の竹駒寺は、正式には真言宗寶窟山竹駒寺といい、江戸時代までは竹駒神社の別当寺だったそうです。明治2年(1869年)の神仏分離政策で、竹駒神社に隣接する位置から現在の場所に移ったそうです。お墓は市街中心部にあり、国道4号線沿いにあるので、お車でのお参りの際などに大変便利な場所にある寺院墓地です。歩いていける距離にあるのが一番いいのですが、車で行くにも走りやすい道路から直ぐの場所というのは、嬉しいですね。お墓の全区画が平坦に作られています。お年寄りの方や小さなお子様も歩きやすく安心してお墓参りができますね。 真言宗の寺院墓地ですが、仏様のない方もお求めいただけますし、過去の宗旨宗派は問わないそうです。本堂に隣接して檀徒会館明王殿があり、法要に利用することが出来るそうです。
<宮城の墓 価格詳細>
〔一般墓所〕 永代使用料 1区画 150,000円〜 年間管理費3,000円



<宮城のお墓名称>
岩誓寺墓苑   真言宗
ホームページ https://ganseiji.miyagi.jp/radio/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県岩沼市下野郷字江口68
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼宮城県仙台東部道路「岩沼インター」より車で約5分
<宮城のお墓情報>
宮城県岩沼市にある1659年からのお寺が建立され、357年の歴史ある真言宗智山派の寺院墓地です。 宮城県仙台空港から車で10分、仙台東部道路 岩沼インターから車で5分とアクセスの良い場にあります。2017年3月にはお寺の東に80台も停められる駐車場が完成し、さらにお墓参りがし易くなりました。蔵王連山と泉ケ岳が遠望できる場所にあり、自然豊かな場所にあります。 空港から近い距離ですし、宮城仙台東部道路の岩沼インター車で5分の場所でもあるので、遠方から墓参りをする人にとってはアクセス良好でいいですね。 ペットの埋葬は出来ません。
<宮城の墓 価格詳細>
〔一般墓所〕 区画面積 1.0u(1.0×1.0m) (永代使用料)\250,000円



<宮城のお墓名称>
興安寺(こうあんじ)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県遠田郡美里町北浦横埣56
<宮城のお墓への交通アクセス>
・宮城県東北本線小牛田駅から車で10分
・宮城県東北自動車道古川ICから車で15分
<宮城のお墓情報>
この宮城の寺院墓地には樹齢数百年の松並木があり、景色の良い寺院墓地です。比較的新しい納骨堂があり、会食所やトイレも綺麗にされているので、お墓参りへ出かけた時も気持ち良く安心して使うことが出来ますね。 宮城の興安寺は、約400年前に伊達家の菩提寺として開かれたそうです。現在の本堂は、平成元年、30代・熊本俊龍住職の時に建てられたもので、宮大工として全国に知られる名工、佐藤猛氏の伝統の技によるものだそうなので、宮城のお墓だけでなくお寺も見る価値がありますね。風格のある本堂は、屋根に権現造りの様式を加えた寺院建築では珍しい作りだそうです。 宮城のお墓の近くの本堂のお不動様や境内の古い石塔、戦没者供養塔もあるので、永代供養塔などを訪ねて、立ち寄る方も多いそうです。樹齢数百年を超すといわれる松並木が美しい参道は、町を代表する景観にもなっているのだそうですよ。宮城のお墓だけど、お寺や景観を見る事が出来るのでいいですね。
<宮城の墓 価格詳細>
〔一般墓所〕 区画面積4.2u(2.0×2.1m) 永代使用料650,000円
年間管理費1,500円 備考:永代使用料は既設の外柵(納骨堂)を含む
〔一般墓所〕 区画面積5.0u(2.4×2.1m) 永代使用料750,000円 年間管理費 1,500円
備考:永代使用料は既設の外柵(納骨堂)を含む



<宮城のお墓名称>
最勝院(さいしょういん)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県柴田郡大河原町字西浦229
<宮城のお墓への交通アクセス>
・JR「大河原駅」より車で5分
・国道4号線より5分
<宮城のお墓情報>
宮城の柴田郡大河原町にある、室町時代からの歴史ある真言宗の寺院墓地です。室町時代と言ったら、1336年〜1573年のことで237年間もあるわけですが、今から1573年の期間と考えても444年も歴史がありますね。 宮城の旧奥州街道沿いで、宮城県柴田郡大河原町役場のすぐそばにあります。交通アクセスも交通機関から5分と近いですし、県道216号線を入ったところです。 お墓の敷地内も通路も広くお墓参りしやすくなっています。 お墓をこの先継ぐ人がいないという方、お墓の管理をしていく人がいない、なかなかお墓参りができない、子供が県外など遠方に暮らしていて墓地を所有するべきか悩んでいるといったような、現代ならではの悩みをお持ちの方でも、お寺が供養し管理するお墓があるそうです。宗旨・宗派は問わないということなので、お墓でお困りの方は相談してみるといいですね。
<宮城の墓 価格詳細>
〔一般墓所〕1区画  永代使用料250,000円〜



<宮城のお墓名称>
天祥山 保福寺 臨済宗(てんしょうざん ほふくじ)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県黒川郡大和町吉田字一ノ坂28
<宮城のお墓への交通アクセス>
・宮城県東北自動車道「大和I.C」から車で10分(4q)
<宮城のお墓情報> 
臨済宗妙心寺派の寺院墓地です。
宮城の七つの山を総称した呼び方が七ツ森なのですが、七ツ森を一望できる自然に恵まれた墓園です。七つの森には遊歩道があって、全長6qの遊歩道は所要時間2時間30分で回ることが出来ます。
1665年開創の歴史ある寺院墓地です。
みやぎのここの墓地は全区画が東向きで、日当たりはとても良いです。
総面積は13,200uで、会館では、通夜や葬儀宿泊が可能になっています。
車いすの方や、体の不自由な方にもストレスがないように、宮城の墓園は大きくゆったりと作られているのが、嬉しいですね。
一般墓所の大きさが「幅2.7m×奥行2.4m(9尺×8尺)となっています。サイズ内であれば、小さいサイズでも可能。
駐車場は100台収容可能なので、お盆、お彼岸の込み合う時期でも安心です。
<宮城の墓 価格詳細>
〔一般墓所〕9尺×8尺  永代使用料 300,000円 年間管理費 5,000円



<宮城のお墓名称>
恵洪寺
ホームページ ekouji.net
<宮城のお墓の所在地>
宮城県岩沼市押分南谷地238
<宮城のお墓への交通アクセス>
・車: 国道4号線岩沼警察署交差点を東に5分 
・宮城仙台東部道路「岩沼」ICより3分
・宮城県JR東北本線「岩沼駅」から10分
・バス:宮城岩沼市民バス 二野倉線「恵洪寺前」
<宮城のお墓情報>
宮城の岩沼市にある恵洪寺の『恵みの墓苑』は京都臨済宗大本山妙心寺に属する禅寺です。交通アクセスでウが、バスですと、岩沼駅から恵洪寺前はフリー区間なので、乗り降り自由なところがありがたいですね。
開山は古く寛文4年の1664年からの350年続いています。長い歴史と宮城県の地元の人から信頼のある寺院であり、墓地あります。
周辺地域の関わりを大切にし、様々な行事を精力的に行っています。子供座禅会を定期的に行ったり、写経会なども行っています。
宮城の恵洪寺では水子供養、動物供養、年忌法要などのお勤めを来られなくても勤めることができるのだそうです。
お寺で責任を持って塔婆を立ててお勤めしてくださるのだとか。
あらかじめメールか電話で詳細を申し込み、お布施は現金書留で送ると、お勤めして下さるのだそうです。
お布施は5,000円以上だそうです。
自由区画墓地というのがあって、予算に応じて一区画5万円から自由に選ぶことができます。自由区画墓地とは、お墓のデザインも自由に建てることができ、明るい墓苑にしたいという住職の願いから『恵みの墓苑』ができました。
跡取りや、身寄りのない方でも求めることができます。
区画数は1432区画、あり、募集しているのは136区画だそうです。
宮城の墓 恵洪寺では水子の供養も随時受付をしています。
水子というのはこの世に生まれてくることが出来なかった小さな魂の供養ということなのですが、ご先祖様と同様に心をこめて成仏させてあげたいものです。
料金は5000円からで、仏花2束とお供え物としてお菓子や果物を持参すると、ご供養して下さるそうです。また、地蔵盆供養というのもあって毎年10月最後の土曜日に総供養のお勤めがあるそうです。その供養はお花、お菓子はなくていいみたいですよ。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所〕区画面積2.4u 永代供養料 150000円 年間管理料が6000円
〔宮城の一般墓所〕区画面積4.1u 永代供養料 350000円 年間管理料が6000円



<宮城のお墓名称>
保昌寺
ホームページ http://houshouji.com/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県刈田郡蔵王町大字平沢字諏訪舘28−1
<宮城のお墓への交通アクセス>
・一般道宮城仙台方面から折立交差点・茂庭交差点を通りから県道31号線 坪沼・菅生を経由し、蔵王町へ 
・折立交差点からお墓まで40分
・茂庭交差点からお墓まで30分
・一般道宮城白石方面から国道4号線から蔵王町宮交差点より県道12号線に入り、県道25号線へ右折し直進
(保昌寺入り口に大きな看板有り)
・宮城東北自動車道から宮城東北自動車道 村田ICを降りる蔵王方面へ向かってお墓まで5分
<宮城のお墓情報>
宮城の保昌寺は1530年に伊達家の家臣であった高野家の菩提寺として建立されたということです。伊達家が米沢にいた時代に創建されて、仙台城に移った時に丸森城主を経て、1602年に平沢城主に移封されることになり、転院し今に至るのだそうです。
宮城の刈田郡蔵王町にある保昌寺境内の豊かな自然に恵まれた場所にお墓の区画が用意されています。
位牌堂には、皆さんのお位牌を安置されていて、宮城の墓地が出来あがるまでのお骨を預かって頂くことも可能です。庫裡もあり、枕経からお葬式まで泊まって、故人の側にいることができます。布団3組と、お風呂もあります。約80畳の大広間です。
宮城の保昌寺のお墓もある、境内には平沢弥陀の杉と呼ばれる、地域の人達に親しまれている900年前からあると言われている杉の木があります。木の高さ45m、幹のまわりは9.4mもあります。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 永代供養墓〕1区画7尺(約210p)×8尺(約240p)  150000円
〔宮城 永代供養墓〕1区画9.5尺(約285p)×8尺(約240p)まで300000円



<宮城のお墓名称>
長泉寺(ちょうせんじ)
ホームページ http://chousenji.jp/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県角田市角田長泉寺69
<宮城 墓までのアクセス>
・宮城 阿武隈急行角田駅より車でお墓まで1分、徒歩5分
・宮城 仙台駅からお墓まで約50分(JR東北本線→阿武隈急行線)
・宮城 福島駅からお墓まで約1時間(阿武隈急行線)
・宮城 新幹線白石蔵王駅よりお墓まで車で25分
<宮城のお墓情報>
宮城の曹洞宗 六国峯の長泉寺では、墓地内は段差がなく平坦な土地でお参りすることができます。
お墓には水道も完備されているので、助かりますね。
お墓はお骨の有無にかかわらず、どなたでも利用することができます。宗派は問われないそうなので、どなたでもお墓を利用できます。 宮城 長泉寺の墓は全区画基礎工事済みで、すぐに建築ができるそうです。
宮城県の角田市にある寺院墓地の長泉寺は、高源山または六国峯とされ、千葉県市川市総寧寺を本寺とする東北屈指の名高い寺です。1436年に開山され、境内にはケヤキの巨木や老杉があります。たくさんのサクラの木、ツツジ、フジで囲まれていて、その落ち着いた雰囲気の中で春夏秋冬季節ごとに姿をかえるお寺の雰囲気が参拝者の心を和ませています。宮城のお墓参り以外でも、境内を楽しむことが出来る寺院墓地というのはいいですね。
第一期分譲として平成25年に募集されました。106区画の募集をされたようです。
全面舗装で、駐車場、水道も完備で大変お参りしやすいです。平坦地なので、車いすでのお参りも安心です。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城一般墓所〕1区画 1.82m場×2.12m(3.85u)永代使用料 800000円 年間管理費5000円
※お一人様2区画までということらしいです。



<宮城のお墓名称>
桂蔵寺
ホームページ http://houshouji.com/index.html
<宮城のお墓の所在地>
宮城県黒川郡大郷町川内字下堰場12
<宮城のお墓への交通アクセス>
・宮城 三陸自動車道  松島大郷ICより車で約5分 
・利府中ICより車で約15分しらかし台ICより車で約15分
・東北自動車道  大和ICより車で約25分
<宮城のお墓情報>
宮城の桂蔵寺は、天台宗より開創450年を超える臨済宗、妙心寺派の寺院です。 宮城の桂蔵寺には、世界記憶遺産になった、伊達政宗の家臣の孫にあたる支倉又兵衛常信、曾孫になる支倉又兵衛常盛など川内支倉氏の墓所があるのだそうです。有名な伊達正宗に関係のある人のお墓があるというのは、すごいですね。 宮城ならではの自然に恵まれた土地にある墓地です。 都会にいては、なかなか聞くことのできない森に住むとりのさえずり。
ザワザワしているとどうしても聞くことが出来ない鳥のさえずりが聞こえる静けさが宮城の桂蔵寺にはあります。そんな所にあるお墓参りもすがすがしい気持ちで出来そうですね。さらには、山にある沢山の木々の変化から感じられる美しい自然、冬には山々は雪化粧をするのだそうです。ゆったりと時間がながれているように感じる、心地よい空間で、ゆったりと故人と語らえる場所に、お墓を建てるのもいいですね。
宮城の自然豊かな環境の中で不便ではないだろうか。と思われるかもしれませんが、もご年配の方に優しい駐車場から墓地までバリアフリー設計となっているそうです。花園墓地の墓域には坂道や階段はなく、駐車場より宮城の墓地入口まで近くお墓参りにも便利です。
お墓の隣に広い駐車場がありますし、いわゆる宮城のお墓参りのシーズンである彼岸やお盆の墓参時期にも駐車に困らないように対応できるように配慮されています。
バリアフリー設計の好環境でお求めやすい価格。利用者の立場をになって利便性が重視されていて、求めやすい価格となっていて、ありがたいですね。 宮城のお墓参りで必要な水汲み場は入口付近に設置されています。 さらに、風のある日に線香に火をつけるのって一苦労なんですよね。そういったときでも線香を点けることに困らないように、宮城の墓地入口に線香種火台が設置されています。
墓地入口で線香を点けてそのままお墓に行くことができます。
永代使用料が低価格なので、建墓までの費用が他所より抑えられます。
宮城のお墓の契約の際には、各区画の永代使用料、宮城の墓の申請者の印鑑、宮城の墓の申請者の身分証明書か住民票 が必要になるのだそうです。
花園墓地区画には3つの区画があります。区画は一般区画、ゆとり芝区画、芝型区画から選べるようになっています。
和のお墓を建てたいのであれば一般区画で、建てることになります。しかも、後継者がいなくてもお申し込み可能なのだそうです。一般的なところでですと、後継者がいないと、永代供養墓を探さないといけないかな…ということになりそうなのですが、申し込むことができるのだそうです。
過去の宗派を問いませんが、もともとの宗派がない方や墓地をご利用される方の以前の宗派は問わないということで、墓地をお求めの際に、臨済宗(禅宗)に帰属していただくことが、条件となるようです。
・宮城の墓 一般区画
広い面積を有効に利用し堂々とした佇まいの墓石を建立できる区画です。また、間口が広くゆとりある空間でお参できます。 ※年間管理費には、墓地参道掃除、墓地の生花・古い塔婆を片付ける掃除料も含まれています。
・宮城の墓 ゆとり芝区画 
両隣りの墓石との間に、石張りのゆとり空間を設け開放感ある区画です。墓石の両脇に一年中緑鮮やかなタマリュウを植栽してある県内では新しい形の芝型区画となっています。 ※後継者がいない方でも申し込めます。 ※年間管理費には、墓地参道掃除、墓地の生花・古い塔婆を片付ける掃除料も含まれます。
・宮城の墓 芝型区画 
管理が大変な芝ではなく、一年中緑鮮やかなタマリュウを墓石の周りに植栽した欧風型の区画です。洋型の墓石が立ち並び、隣の区画との間にゆとりスペースを設けてあります。 ※後継者がいない方でもお申し込みできます。  芝型区画は、洋型デザインの墓石を建立できます。   また、墓石の面積内で洋型のデザインであれば自由です。
<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所〕一般区画 永代使用料25万4u(間口:2,100×奥行:1,800)年間管理費6,000円(桂藏寺花園会費を含む)
〔宮城の一般墓所〕ゆとり芝区画 永代使用料12万1.6u(間口:1,320×奥行1,230)年間管理費6,000円(桂藏寺花園会費を含む)
〔宮城の一般墓所〕芝型区画 永代使用料12万1u(間口:990×奥行:990)
※ゆとりスペースを含む年間管理費 6,000円(桂藏寺花園会費を含む)



top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

〜宮城の墓との関わり〜 宮城のお墓



         墓宮城情報ミキファーヤサイヤ