宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓


近年、少子化の影響で一般的なお墓の継承が難しくなっている中で、需要が高まっている、宮城の永代供養墓を利用できる墓地の情報です。


<宮城 墓の名称>
  瑞雲寺
<宮城のお墓の所在地>
宮城県伊具郡丸森町金山字鬼形92
<宮城のお墓への交通アクセス>
・電車 宮城 阿武隈急行丸森駅下車してタクシーで約15分です。
・車で 宮城 国道113号線沿いにある「金龍山瑞雲寺」の看板の通りに進みます。
<宮城のお墓情報>
 瑞雲寺の創建は1458年となっています。
瑚海仲珊禅師(こかいちゅうざんぜんじ、新潟県村上市、耕雲寺四世)が金山の地に足を踏まれ、新潟県村上市の耕雲寺の末寺として金龍山中腹を整地して寺院を建立したのがはじまりだそうです。
その後、天正の頃に本堂がひどく荒廃してしまったそうです。そこで、伊達陸奥守藩士中島伊勢守宗求公(瑞雲寺中興開基)が建物を修理したのだそうです。そして田畑を寄進し中島公の菩提所として瑞雲寺は維持されたのだそうです。お寺によっていといろんな歴史があるのですね。
最近のライフスタイルに合わせてお墓のあり方も変わってきています。そこで、瑞雲寺では独身の方、後継者のいらっしゃらない方など、この先、供養して下さる家族のいらっしゃらない方を対象として、瑞雲寺永代供養墓に埋葬し、供養していただくことができるそうです。また、永代供養をお願いしたとして、埋葬後にかかる年会費・管理費は必要ないということですので、後のことを心配しなくていいですね。
一区画に御遺骨が入り、石の蓋には、亡くなられた年月日・戒名・俗名・年齢が刻まれるということです。
<宮城の墓 価格詳細>〔永代供養墓〕永代供養料:30万円(一霊)



<宮城のお墓名称>
 東園寺 http://toenji.com/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県塩竈市旭町4−1
<宮城のお墓への交通アクセス>
・車の場合:宮城仙台駅から仙塩街道/国道45号線 経由 ? 16.3 km 27 分
 電車の場合:JR宮城仙台駅 仙石線 東塩釜行に乗車、
 本塩釜駅下車 国道45号線に向かって南に徒歩5分
<宮城のお墓情報>
 宮城の東園寺の永代供養墓地情報になりますが、日本への仏教はどのように伝わったのか…。それから、日本の宮城に伝わった仏教は大きくはない日本で仏教はどのように伝わったのだろうか。そして、その答えがインドとつながっているということは誰が気付くだろうか。
一口に仏教といっても、宗派がいくつも分かれていることから、何人かの僧侶が仏教伝来にかかわっているのではないかということがうかがわれる。もしくは、ひとつだったものが日本に伝えられてから、いくつかの宗派に分かれていったのかも知れないという予想は出来るのですが、実際の仏教はどのように宮城には伝わって、お墓の文化が定着して言ったのでしょうか。
現在の宮城で信仰されている仏教もはるかインドの地から伝来したものなのだと考えると、広い世界を伝わってきたのかと感慨深いものだ。仏教の教えは、みんなお釈迦様の子供という教えで、すべての人が平等であるという教えだそうです。 宗教で、平等という教えがあるとはなんだか驚きです。
宮城の東園寺では、慶応3年(1867年)に火事で命を落とした方々の供養塔もあるそうです。
宮城の東園寺では最近の宮城のお墓事情を考慮し、以前からあった、先祖代々の宮城の墓という形を超えた形の、仏教としての供養のあり方を提案しました。
釈子塔がそれにあたりますが、宮城の東園寺の釈子塔、つまり共同墓は、納骨供養料150000円で、使用することができるそうです。
 檀家登録済みの方は年間5000円の年会費、100000円の納骨供養料でお墓に入ることができるそうです。子供がいない、または子供いるけれど、家の子は女の子だけで、嫁いでしまったから、墓を守る人がいない…。という現代どこの家庭でもあるような多様な理由で墓地をもてない・墓地をもたないという方々の為のお墓です。
葬式の費用はお志となっています。
宮城の東園寺の共同墓地歴代住職と共同墓地なので、家が途絶えても恒久的に誰かが墓参りをしてくれるメリットがあります。
また、宮城の東園寺の墓は基本的に維持費が不要だそうです。故人に配偶者がいる場合のみ年間5000円の維持費が必要になるそうです。
一般的な宮城の 故人墓のように墓地の使用権を取得して、墓石を建立する費用がかからないのもメリットです。
<宮城墓 価格詳細>〔宮城の共同墓所〕納骨供養料150000円 
 檀家登録済みの方は 納骨供養料100000円年間5000円の年会費



<宮城のお墓名称>
 願成寺 http://www.ganjouji.or.jp/
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県塩竃市錦町3-5
<宮城のお墓への交通アクセス>
・アクセス 仙石線 西塩釜駅より徒歩5分
 国道45号線、南方向へむかって進んで塩釜市旭町信号交差点右折 居酒屋りゃん亭を左折
<宮城のお墓情報>
 松島・塩竈という土地は多賀城が近くにあって、平安時代より紫式部や西行法師などの歌人が景色の素晴らしさを歌に読まれてきた土地です。
願成寺は五山と呼ばれる、建長寺・円覚寺・寿福寺・建仁寺・東福寺への出世道場であり、五山から修行にくる人、五山へ上山する人が住職を務めていたそうです。
願成寺を開山する前に、霊厳という名の住職が瑞巌寺で松島八景を和歌に詠んでいます。その歌は江戸時代の歌人大淀三千風が「松島眺望集」という本の中で、霊厳住職が五山文学に先行する気韻の高さを示すものと評価されているそうです。広く人々に評価された歌にも込められた思いを込めて、塩釜の地に開山したのが願成寺だったそうです。
お寺の言い伝えによると、14世紀の初めに、松島の青龍山瑞厳圓福禅寺の七世霊厳道昭和尚を拝請して開山とし、臨済宗の建長寺派下円覚寺末寺となったそうです。そして、寛永15年瑞巌寺の中興九十九世雲居希膺禅師が入寺されたと伝えられているのですが、この時から瑞巌寺と同様妙心寺派に属したようです。
 お寺も住職が入れ換わる時に宗派が変わることがあるのですね。
本山は、京都花園正法山妙心寺です。妙心寺は1337年に花園法皇の勅願によって創建されたそうです。
本堂は昭和7年に建てられた木造建築です。
宮城の願成寺のお墓には永代供養のお墓があります。
亡くなったあと、亡くなった故人の生前の生き方人となり、思い出を偲び、感謝の気持ちを霊前に伝えることを供養というそうです。
その証として読経の功徳を語りかけ、御霊のご冥福を永く祈ることを永代供養と言うのだそうです。 宮城の永代供養墓のある願成寺では、後々何の心配も抱くことなく安心して利用することができる「永代供養墓「涅槃堂」が建立されています。
堂の上には宮城の願成寺の本尊である釈迦如来像をお祀りされていて、六道能化地蔵によってすべての人々に仏恩があまねく施されることを願われて、建立されています。
永代供養や法事はもちろんの事、法話や写経会などの行事も行われています。木造の本堂や、臨済宗の中興の祖、白隠慧鶴禅師の墨跡などがあり、長い歴史を感じる事ができます。
<宮城墓 価格詳細>
〔永代供養墓〕宮城の願成寺にお問い合わせください。



<宮城のお墓名称>
松岩寺 sosen99.web.fc2.com
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県気仙沼市松崎浦田137番地
<宮城のお墓への交通アクセス>
・車の場合
 宮城大船渡線 気仙沼駅より 車で15分 
・バスの場合
松岩小学校前 バス停県道6号線を北上徒歩5分
・鉄道・JRの場合
 宮城 盛岡方面から一関を経由して大船渡線で気仙沼そこから、タクシーで10分
 宮城 仙台方面から一関を経由して大船渡線で気仙沼駅へそこからタクシーで10分
<宮城のお墓情報>
 宮城の松岩寺には平和観音像があります。
平和観音像は、三陸33観音の一つで、昭和61年12月墓地整備の際、墓石として見つかった無縁佛を供養しようと、建立されたのだそうです。平和観音像の高さは、1メートルあり、その後部は、合掌の姿をかたどっているらしいですよ。現在、宮城の松岩寺の和尚さまが大学時代学んだヨガ修行でインド、欧米諸国を渡り歩いたのだそうです。その時にいろんな国の人と出会い交流を深める中で、改めて「平和」の大切さを実感され、平和観音と名前をつけたのだそうです。
宮城の永代供養塔建立の由来
 松岩寺では、2012年の東日本大震災で約120名の方々がお亡くなりになったそうです。 震災でなくなった方すべての供養を願い、本堂耐震等実行委員会議決のもと、永代供養塔を建立いたしまた。 永代供養塔がなくなった方々とこれから生きる人と人、縁と縁をつなげる「絆」・心のよりどころとなれば幸いということで建てられたようです。
宮城の永代供養墓は、お墓を守る役目の墓守り・お墓の継承者の必要がなく共同で利用出来るお墓であり、ご夫婦のみで後継者のいない方、一人身の方、残された遺族に金銭的な負担をかけたくない方などに向いています。
一口に、永代供養墓といっても、3つのお墓に分かれていて、さらにとペット供養塔も用意されています。 3つに分かれているというのは、永代供養塔(合祀)、永代供養塔(個別)・家族墓(夫婦墓)の分類です。
最初からご遺骨を合祀するものは住職・副住職との面談が必要となるそうです。
永代供養(個別) のものは、 33回忌までご遺骨を骨壷のまま保管し、それ以降は合祀するもので、これも住職・副住職との面談が必要となります。
家族・夫婦墓は家族、夫婦、でも利用出来る一回り小さめのお墓で、これも住職、副住職との面談が必要となり ます。 ペット供養塔もあるのですが、 ペットのお葬式、納骨を受付ているそうです。ペットのお墓は檀家以外の方も対象となりまが、 副住職との 面談は必要となるそうです。
<宮城の墓 価格詳細>
 詳しくは、お寺に問い合わせ下さい。



<宮城のお墓名称>
 浄勝寺 jousyo-ji.or.jp
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県気仙沼市本吉町津谷桜子74
<宮城のお墓への交通アクセス>
・最寄駅 宮城気仙沼線 元吉駅から直線距離で約600メートル
 346号線に出て直線距離で約600メートル
<宮城のお墓情報 > 
 山号は 安養山で、源義経の忠臣 佐藤継信・忠信兄弟の母(藤原秀衡の妹)が開基となったようです。
亡き子供の菩提を弔うために天台宗海沢山養光寺を建立したそうです。
しかし、江戸時代元禄年間焼亡し、貫宗が、現宗派に改めたということです。
貫宗は通玄の法嗣7名中の1つだそうです。
淨勝寺は通玄派下としては最も古い来歴があるそうです。
現本堂は昭和26年に増設されましたが、気仙沼の大工、中村青雲による内外の彫刻が見事です。
お墓参り以外にも見どころのあるお寺もいいのではないでしょうか。
宮城の墓・浄勝寺の永代供養の墓について
宮城の浄勝寺では、永代供養のお墓について、何でも気になったことがあれば問い合わせることが出来ます。
 宮城の墓に限ったことではないのですが、近年、墓守の後継者がいないということや、縁者のお墓を管理しているが子や孫にまで引き継がせたくないということで、「永代供養の墓に…」と、考えられ、相談される方が増えているそうです。
自分だけのことではなく、近場の宮城や、遠方の親戚のことも関わってくるので、難しい問題ではあるのですが、ご自分で判断したり、あまり先のばしせず、まずは宮城の淨勝寺ご住職にご相談をされるのがいいと思います。
それぞれの事情にあった方法をご提案していただけるみたいですよ 。
宮城の合葬墓「涅槃 安養塔」 永代供養塔
浄勝寺では、合同安置・埋葬できる安養塔、納骨堂形式のミニ墓地もあるそうです。
身寄り、子供の居ない方などで、少ないご予算で墓地を探している人にオススメです。
実際に、見学して検討されるといいのではないでしょうか。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 永代供養墓〕 涅槃安養塔 永代使用冥加金が150000円〜
(永代供養についてはご相談下さい。) 夫婦(家族)墓 永代使用冥加金は150000円
 墓石に関しては(有)及川石材店[http://www.oikawasekizai.com/]
ここにて  扱っていて、80万円(墓石、戒名碑、字彫り含む)だそうです。



<宮城のお墓名称>
 光明寺
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県栗原市若柳上畑岡大立73
<宮城のお墓への交通アクセス>
・東北新幹線くりこま高原駅下車タクシー7分
・東北自動車道築館ICより車で10分
・JR東北本線新田駅下車タクシー8分
<宮城のお墓情報 >
   宮城の光明寺 の永代供養墓は、一面水田風景が眺められる場所にあります。
伊豆沼に白鳥や雁が飛来するのをみることがでるそうです。伊豆沼は、宮城県の登米市と栗原市にまたがる沼です。最大深度は1.4mという浅い沼で野鳥の楽園であるとともに、夏は蓮の花が咲き、美しい景観を眺めることができるのだそうです。夏には、宮城のその沼で蓮の花のお祭りがある程だというのですから、見てみたいものです。
 開山したのは、中興智玄院日諦上人で江戸末期に山梨県瀧山等において10年の籠山瀧行を修したのだそうです。
それから北九州市八幡龍潜寺の開山、小湊誕生寺を復興させ宗祖六百遠忌を成功させたのだそうです。本堂には大曼荼羅御本尊があり、ご本尊とされています。中興開山智玄院日諦上人染筆のお曼荼羅を拡大彫刻されています。宮城の光明寺では、お墓の新しいかたち 蓮華廟があります。最近、独身の方や子どものないご夫婦、嫁いだ娘に墓守の苦労をさせたくない方のために新しいかたちの墓が求められています。光明寺は壁式墓地と合葬式納骨室の両方を用意しました。
壁式墓地ですが、従来の個人墓・家族墓の代々の墓と同じくらい収容力があるので、○○家墓地としても使用できるそうです。壁面には法号、俗名、年月日等をきざむことができるそうです。
清掃管理は光明寺で行ってもらえるそうです。管理費、護持会費もかからないということですから、安心ですね。骨壺のまま納骨できるそうです。なので、将来引っ越しができるということです。
1区画 外寸で縦72cm×横70cm×奥行き77cm永代使用料 1区画100万円 
 もう一つの形・合葬式納骨室
宮城でお墓をお探しで合葬で良いという方が選ばれるといいお墓です。壁面に法号等埋葬の記録を残せるそうなので、無縁墓にはなりません。
布袋に遺骨を納めて中央の墓室に納骨しますが、将来返却することはできないので、返却を希望されることになりそうだと予想される方は、壁式墓地がいいかと思われます。
管理費、護持会費もかかりません。
使用者の宗教、宗派、所属寺院等は問われませんが、納骨の儀式は日蓮宗の方式で行われるそうですので、そこは理解しておく必要があるかもしれません。
どちらも、宮城の光明寺が墓守となって永代供養してくださいます。春彼岸、御施餓鬼(8月5日)おぼん、秋彼岸はもとより月命日にも供養していただけるそうです。永代供養墓といっても、年に1度の供養というところもあるなかで、ありがたいですね。しかも、ご希望があれば一周忌、三回忌等の供養のお手伝いしてくださるのだそうですよ。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 壁式墓地〕1区画 外寸で縦72cm×横70cm×奥行き77cm 永代使用料 1区画100万円 
〔宮城 合葬式納骨室〕永代使用料1霊につき10万円。
檀家(護持会員)になる必要はありません。

宮城の光明寺 では、様々な相談にを聞いてくださるそうです。こういうときはどうしたらいいのか…。
ということがあったら。聞いてみるのがいいかもしれません。



<宮城のお墓名称>
 玉秀寺
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県登米市登米町日根牛小池90
<宮城のお墓への交通アクセス>
・JR気仙沼線柳津駅よりバス15分もしくはタクシー7分
<宮城のお墓情報 >
 天正10年(1582)吉州壽琢(きっすじゅたく)大和尚が、宮城県白石市に玉秀寺を開山したそうです。本堂は平成20年に竣工された比較的新しい建物です。
間口9間半、奥行き7間の法堂形式で諸法要や檀信徒の先祖供養を行うようになっています。
また、宮城の永代供養合祀墓のある玉秀寺ではコンサートや講演会を開催していて、屋根瓦には350人の願い事が記されているのだそうですよ。本堂と位牌堂の間には茶室やお供所。白山水などがあるのだそうです。
永代墓『日高見苑・個人、夫婦』・『日高見観音・合葬墓』ペットと一緒に入れます。
『日高見苑』は母なる川北上を見下ろす心安らぐ悠久の個人墓地です。
また、宮城の玉秀寺では不特定多数の人々がいっしょに埋葬される「合祀墓」でなく、一基 (最大4霊まで納骨可能)ごとに個人で使用していただき ます。
 個人での使用ですのでご希望の方は、ペットを一緒に納骨することもできます。
宮城の墓石に(お好きな詩、言葉など)を自由に揮毫することができます。
また、日高見観音は合祀式の永代供養墓地で、宮城に継承者のいない方、宮城にお墓をお持ちでない方、宮城に身寄りのない方、現在宮城にお墓を持っているが、宮城のお墓には後継者がなく先祖の墓の無縁化を心配している方などご相談くださいということです。
宮城の玉秀寺が永代にわたり責任をもって供養をさせていただき、宮城のお墓の継承の問題、無縁化の心配はありません 宗旨宗派は問われず納骨供養ができるということです。また、今終活をされている人もあるかと思いますが、生前予約申込もできるそうです。料金には永代供養料・管理費が含まれています。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 合祀墓〕
・合祀墓「日高見苑」一霊位・・・150000円
 ※永代供養は、春秋彼岸、お盆に墓前で読経してくださるそうです。
〔宮城 個人・夫婦墓〕
・個人・夫婦墓「日高見苑」・・700000円
 ※墓石、永代使用料等一式が含まれています。
 ※永代供養は一霊位10万円(春秋彼岸、お盆に墓前で読経してくださるそうです)。
オプションで、年回供養、戒名授与も行って頂けるようですが、要相談ということです。
各種回忌供養の御布施は2万円で、生花、供物を含んでいます。
2万5千円で、卒塔婆、生花、供物を含みます。
一周忌より三十三供養回忌供養までのお布施は20万円で、卒塔婆、生花、供物を含みます。
個人・夫婦墓「日高見苑」の墓石には〇〇家以外に自由な文字、絵などを彫刻することができるそうです。お考えの方は参考にされるといいのではないでしょうか。



<宮城のお墓名称>
 傑山寺 http://kessanji.jp/index.php
<宮城のお墓の所在地>
 宮城県白石市南町2丁目7-20
<宮城のお墓への交通アクセス>
 JRの場合
 ・宮城 白石蔵王駅よりタクシ−で5分・徒歩20分
 ・宮城 白石駅よりタクシ−で5分・徒歩20分
お車の場合
 ・宮城 東北自動車道白石ICから約15分
<宮城のお墓情報 >http://kessanji.jp/html/guide2.html
 宮城傑山寺は、1608年に第十一世天心智寛大和尚によって開山された宮城お寺だそうです。宮城観音堂には十一面子安観世音菩薩像が安置されていて、これは子供をあらゆる危険や苦しみから救ってくださる観音様だそうです。安産祈願や、水子供養、家内興隆場殿願いも成就すると言われているそうです。
宮城の傑山寺の本堂に向かって左手には片倉家の11代以降の当主と代々の奥方のお墓があるそうです。
宮城 傑山寺には一本杉がありますが、初代の片倉小十郎景綱の宮城の墓標として植えられた杉で、天に向かって真っすぐと伸び、まさに景綱の生き方を表すかのようです。その、宮城の墓標の杉の横には奥方の五輪塔が建立されています。
また、片倉家の宮城のお墓の横には、全国的に見ても珍しい将棋型をした墓が整然と立ち並んでいます。これは北海道松前城主慶広の5男の安広とその子、広国の墓だそうですよ。広国は伊達騒動で抜群の働きをして、伊達六十二万石を救ったと言われています。また、宮城傑山寺には本名は鈴木善十郎といい、蔵王町宮の刈田嶺神社(別名白鳥大明神)の門前に生まれた、初代谷風のお墓もあるのです。この人は、白石城下で開かれた江戸相撲の場で体格の良さを見込まれて17歳で力士になるようにすすめられ、恵まれた体型と熱心な稽古によって最強の大関として、その名を轟かせたのだそうです。
その頃、大関が一番強いい相撲さんの格付けだったそうです。いろんな有名で名を残した人のお墓がある宮城のお寺があるのですね。
 宮城のお墓を継ぐ人がいなくなって困っている人も多いのではないでしょうか?
実家を離れて、仕事の近くで住む人も多くなっています。
そういった、現代の状況でこの先お墓の世話を誰がしていくのか…。
自分が亡くなった後にお墓はどうなってしまうのかと、不安を抱く人も多いでしょう。宮城の傑山寺の檀家さんにも多くいらっしゃるそうです。どこにでも共通する現代ならではの問題なのですね。そこで、宮城の傑山寺でも、檀家さんに向けて将来お墓参に訪れる人も途絶えて無縁墳墓となることを解決し、永代にわたって傑山寺で管理し法要を行える永代墳墓が必要であるということになり、檀家さんからの長年のご要望がありました傑山寺永代墳墓が作られることになったのです。
どうも、先々代の宮城の傑山寺住職の時から話合いの場に出てくる事案ではあったようなので、宮城でもお墓の問題は今に始まった事ではなく、昔からお墓を継承して行くことが難しい人もいたということになりますね。考えてみれば、誰もが結婚して子供を産みその子が自分の家を継ぐ…ということが可能なわけではありません。
家業を継ぐことが当たり前ではなくなり、自分で選んだ仕事をしていくことが多くなった今では、宮城の実家を離れて働きやすい土地に移り住むことも少なくありません。しかし、先祖のお墓参りをする習慣がなくなるわけではありません。宮城のお参りするのが大変ということになって、改葬してお墓の移動をしたりすることも可能ですが、自分が亡くなった時の事も考えてお墓を考えた時に、宮城の傑山寺の合祀墓のように、永代に渡って供養してもらえるお墓を選んでおいたら、安心です。
 「霊光苑」と名づけられた墓は寛道和尚が筆で書いたものであり、後ろには他界のされた故人の御冥福を祈る言葉と、安心を祈る観音経の言葉が書かれているそうです。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 中央合祀墳墓〕一霊位につき ¥300,000 入墓する場合
檀信徒に限らず誰でも入墓できるそうです。
一霊位につき 納骨冥加料:¥50,000 戒名、家名刻印代:¥50,000
〔宮城 両脇個人墳墓〕一基につき ¥800,000(石碑込)
一霊位につき 納骨冥加料:¥50,000 戒名、家名刻印代:¥50,000
家族で入墓できるそうです。
〔宮城 別途中央個人墳墓〕一基につき ¥600,000 
一霊位につき 納骨冥加料:¥50,000 戒名、家名刻印代:¥50,000
但し骨室は中央墳墓と合祀となるそうです。



<宮城のお墓名称>
秀麓斎  http://www.syurokuzensai.jp/
<宮城 お墓の所在地>
名取市高舘吉田上鹿野東88
<宮城のお墓への交通アクセス>
東北線南仙台駅下車 バス高舘行三日町下車 徒歩15分
<宮城のお墓情報 >
宮城のおいしい井戸水の湧いている景色のよい手造りの墓園。
一般墓・規格墓・共同墓・無縁墓・自然墓・ペット墓という6つのタイプから選べる墓地で、自分の身の上にあった墓地を選べるのが有難いです。 宮城で後継者のいない人や単身者でもお墓を建てられます。 墓石の形も、周囲の雰囲気を壊さない範囲でお墓を自由に選択可能。 脱!「檀家」を掲げ、寺院は、サポーターに対し、来るを拒まず、去るを追わなければよい。こういった、無昔から続く檀制度を見直した画期的な寺院がここにあろうとは!! 目からうろこの新しい発想の寺院墓地です。
ペット墓も併設されていて、「一心」と名前がつけられたペット墓があります。
宮城県名取市にある秀麓斎は、永代供養墓のあるお寺です。
東日本大震災で犠牲になられた方を供養し見守っていただくべく、観音様も建立されています。春には梅の花や桜が咲き誇り、夏には新緑が輝き風も爽やかだそうです。天気のよい日は、太平洋も望めるのだそうですよ。秋には、広葉樹が赤や、黄色様々な色にそまり、もうすぐ冬のはじまりであることを知らせてくれるのだそうです。
宮城ならではの自然豊かな風景を楽しむことができるのは嬉しいですね。
宮城の秀麓斎は、単身だけで不安をお持ちの方にもお勧めできる永代供養墓があります。
宮城の秀麓斎の永代供養墓は、お寺がお施主に代わって管理と供養をしていただける特別なお墓です。
<宮城の墓 価格詳細>
〔宮城 永代供養墓〕 5尺×6尺600000円 永代供養料込
           5.5尺×7尺950000円 永代供養料込 永代供養塔 納骨プラン
合葬納骨プラン (1霊集合墓にて)300,000円 墓表へ戒名や故人名を彫刻します。
個別納骨プラン  (1霊個人墓にて)500,000円 墓表へ戒名や故人名を彫刻します。
13回忌まで(2霊、家族墓にて13回忌まで1,300,000円墓石(家族墓)内に安置し、○○家先祖代々と刻字します。
家族墓での個別納骨は、2霊目の納骨後13回忌まで。



<宮城 墓の名称>
徳本寺 http://www.tokuhonji.jp/
<宮城 お墓の所在地>
宮城県亘理郡山元町坂元寺前13
<宮城のお墓への交通アクセス>
電車:宮城JR常磐線 宮城 仙台駅→宮城 坂元駅(45分)、宮城 坂元駅から徒歩15分
車:宮城国道6号線 宮城 仙台駅から70分
インター:山元南スマートIC(宮城 常磐自動車道路)より5分
<宮城のお墓情報 >
宮城徳本寺は太庵梵守(たいあんぼんしゅ)大和尚が、新潟県村上市に開山され、耕雲寺6世だそうです。
1441年に岩代国伊達郡大枝村(福島県梁川町)に地頭・大條孫三郎宗行(おおえだまごさぶろうむねゆき)という人が建立し、1617年には、大條家が他の地に移ったことにより、宮城県山元町坂元白小路に移転建立することとなったという歴史があるようです。
しかしながら1685年と1776年に火災にあい焼失してしまったのだとか…。その後、現在の土地宮城県亘理郡に移ったのだそうです。1685年に現本堂を建立し、2003年には、山門を改築いたしました。
宮城の徳本寺は、永代供養墓の他にも、外務省認可の社団法人であるシャンティ国際ボランティア会[SVA](旧称:曹洞宗国際ボランティア会)の「国際ボランティアの寺」に登録されているのだそうで、特に、アジアの子供たちへ教育・文化支援を行い、社会に開かれた国際貢献の寺を目指しているのだそうです。ボランティアの活動を通し、国内の一人でも多くの人々が「慈悲」の心を開けるよう、その縁つくりを願っているのが宮城の永代供養墓もある徳本寺なのですね。お寺だからこそできる活動というのもあるのですね。お墓でのご先祖の供養だけではないというところが、いいですね。 宮城 徳本寺の永代供養塔・個人墓はご夫婦あるいは、個人のお墓が宮城にほしい人、お子さまがいらっしゃらない人、お子さまが宮城でなく遠方に嫁がれた人など、ご夫婦や個人でお墓を使用したいという願いに沿ったお墓をお願いすることが可能なのだそうです。宮城の徳本寺のお墓では、最初は個別の石塔で供養してもらえ、最後に納骨された方の年回供養後に永代供養塔に合葬となるのだそうです。戒名をしるして、永代供養されるので、証は残ることになりますね。永代供養と聞くと、戒名もなにも残らないような…。と思っている方もいると思いますが、生きた証のような感じで残るのはよいのではないでしょうか。
清掃や献花なども宮城の徳本寺で行ってもらえるので、お墓の世話の事を考えなくていいので、お墓に入った後の事は何も心配要りませんよね。ご家族ご親戚がお近くにいらっしゃらない方でもご安心いただけます。 宮城徳本寺の永代供養墓には、千古(せんこ)の塔と名前がつけられていているそうです。 千古の意味は、時間が限りなく続くと言う意味で、徳本寺には1000年以上も前に 作られた仏像が安置されているのだそうです。それを真似て作られた像が、宮城の徳本寺の永代供養塔の石像になっているということです。
<宮城 墓詳細価格>
詳細情報は電話で問い合わせ可能だそうです。



<宮城 墓の名称>
桂蔵寺 http://keizouji.p-kit.com/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県黒川郡大郷町川内字下堰場12
<宮城のお墓への交通アクセス>
・三陸自動車道  松島大郷ICより車で約5分。
利府中ICより車で約15分。
しらかし台ICより車で約15分。
・東北自動車道  大和ICより車で約25分。
<宮城のお墓情報 >
宮城の桂蔵寺は、天台宗より開創450年を超える臨済宗、妙心寺派の寺院です。 宮城の桂蔵寺には、世界記憶遺産になった、伊達政宗の家臣の孫にあたる支倉又兵衛常信、曾孫になる支倉又兵衛常盛など川内支倉氏の墓所があるのだそうです。有名な伊達正宗に関係のある人のお墓があるというのは、すごいですね。 宮城ならではの自然に恵まれた土地にある墓地です。 都会にいては、なかなか聞くことのできない森に住むとりのさえずり。 ザワザワしているとどうしても聞くことが出来ない鳥のさえずりが聞こえる静けさが宮城の桂蔵寺にはあります。 そんな所にあるお墓参りもすがすがしい気持ちで出来そうですね。さらには、山にある沢山の木々の変化から感じられる美しい自然、冬には山々は雪化粧をするのだそうです。
ゆったりと時間がながれているように感じる、心地よい空間で、眠ることができたらいいですね。 宮城の自然豊かな環境の中で不便ではないだろうか?と思われるかもしれませんが、ご年配の方に優しい駐車場から墓地までバリアフリー設計となっているそうです。花園墓地の墓域には坂道や階段はなく、駐車場より宮城の墓地入口まで近くお墓参りにも便利です。 お墓の隣に広い駐車場がありますし、いわゆる宮城のお墓参りのシーズンである彼岸やお盆の墓参時期にも駐車に困らないように対応できるように配慮されています。 バリアフリー設計の好環境でお求めやすい価格。利用者の立場をになって利便性が重視されていて、ありがたいですね。 宮城のお墓参りで必要な水汲み場は入口付近に設置されています。 さらに、風のある日に線香に火をつけるのって一苦労なんですよね。そういったときでも線香を点けることに困らないように、宮城の墓地入口に線香種火台が設置されています。 墓地入口で線香を点けてそのままお墓に行くことができます。 宮城の桂蔵寺には、永代供養の「蓮心塔」があります。
今までお墓は、そのお家がご先祖様をお守りして、供養をしていくことが前提となっていました。しかし、近年、仕事の都合もあって、便利さを求め実家を離れて暮らす人が多くなりました。家を守る方々がいなくなり、その結果、核家族化が進んでしまい、さらに、少子高齢化、仕事の忙しさにより子供を持てず血脈が絶える、遠方に住む子や孫の将来につのる心労を考慮する、経済的理由から墓地・墓石を求めるのを諦める等の社会問題の影響によりお墓を代々守っていくことが難しくなってきているのが現状のようです。
それでも、ご先祖様を供養する気持ちは変わりませんよね。 それは、血縁関係の家族にだけにかかわらず、お世話になった人・ご友人を思う気持ちはいつまでも供養という形で続けていかれることでしょう。
宮城の桂蔵寺の永代供養墓とは、お寺にあり、お寺が施主を務めていくものだそうです。宮城の桂蔵寺の永代供養墓は後に不安を抱かず、安心してご利用できるようにと作られたそうです。住職が永代に渡り、春秋彼岸、お盆、利用される施主様のお心通りご供養をしていただけるので、安心です。 永代供養塔の室内は、やわらかいLEDの明りによって美しい室内を演出してくれています。 宮城の桂蔵はこれまでの宗旨・宗派は問われないということで、誰でも利用することができます。管理費は一切不要で、檀家になる必要もないそうです。墓誌彫刻は任意で、永代供養墓過去帳に記載され、保管されるそうです。 毎年、春秋彼岸・お盆に墓前・室内にて読経供養していただけます。永代供養墓には1年通してお参りすることができます。年忌供養は、要望があれば行っていただけるそうです。戒名を受けている方でも、俗名のままでもご利用できるそうです。
生前でも契約できるそうです。 契約の際には、永代供養墓をご見学しながら、各種プランのご説明してくださるそうです。また、永代供養墓「蓮心塔」の利用するにあたって、ご利用規則に了承することが条件なので、しっかり目を通して確認したいですね。承諾したら、「永代供養墓蓮心塔申込書」「誓約書」の各種書類に記入して、永代供養料をい収めるのだそうです。 そうすると、使用許可証が発行されて、名前が記載された人が永代供養墓を利用することができます。
・宮城 桂蔵寺 通常プラン
永代供養墓を利用される人の標準的なプランになります。 永代供養墓「蓮心塔」のスタンダードプランになります。 料金には永代供養料永代・管理料・埋葬料が含まれるそうです。 蓮心塔室内にある埋葬室へ遺骨は埋葬されます。 ※過去の宗旨・宗派は問いません。後々の費用は一切不要で、他寺院で授与された戒名、俗名のままでご利用できるそうです。
埋葬方式は2通りあるようです。
※安置される場合は、収骨用具に収まった状態のみ安置できます。
宮城の桂蔵寺の通常プランの埋葬方式
・安置
宮城の桂蔵寺の安置期間は13年間で、安置期間満了後、室内埋葬室へ埋葬されるそうです、また、最大100基を室内に安置できるそうです。
※安骨期間中に諸事情でご遺骨の返還請求があった場合、正当な理由であればご遺骨を返還されるそうですが、永代供養料の返還はできないそうです。
・埋葬
安置しないで埋葬され、ご遺骨を宮城の桂蔵寺の室内埋葬室へ埋葬いたします。
※室内埋葬室へ埋葬された場合、ご遺骨の返還請求があっても遺骨の返還はできないということなので、気をつけたいですね。
※宮城の桂蔵寺の室内埋葬室は、埋葬のみ開けることができるそうです、通常の墓参時は開くことができないそうです。
・宮城 桂蔵寺 墓友・夫婦プラン
永代供養墓「蓮心塔」をご友人同士やご夫婦でご利用できるプランです。
2霊につき500000円 永代供養墓蓮心塔のご使用料 永代供養料・永代管理料・埋葬料が含まれています。
墓誌彫刻をご希望の方のみ、芳名プレートに彫刻できるそうです。過去の宗旨・宗派は不問で、後々の費用は一切かからないということです。他寺院で授与されたご戒名、俗名のままで利用することができるそうです。 契約の際、安置される場所を選ぶことができます。利用後の供養は、桂藏寺の法式典礼により行われるそうです。
宮城の桂蔵寺の墓友・夫婦プランの埋葬方式は2段階に別れているそうです。
・安置
宮城の桂蔵寺蓮心塔室内ご安置棚にご友人同士やご夫婦で13年間ご安置いたします。
宮城の桂蔵寺の13年間室内にて遺骨を安置されます。年数経過後、室内埋葬室へ埋葬されるそうです。 安置期間中、遺骨の返還請求があった場合、正当な理由であれば、遺骨は返還されるそうですが、永代供養料の返還はできません。
・13年の安置期間満了後、蓮心塔室内にある埋葬室へご遺骨は埋葬されるそうです。 ご友人同士やご夫婦のご遺骨を室内埋葬室に埋葬いたします。遺骨を埋葬した場合、いかなる理由があっても遺骨を返還してもらうことは出来ないそうです。春彼岸・お盆・秋彼岸の時期に、永代供養墓室内に安置されている遺骨の前でご友人同士・夫婦の供養をして頂けるそうです。
・個人・夫婦墓プラン
宮城の桂蔵寺では、一旦、個別のお墓に眠りたい方や子孫がお墓を継承するかわからなく不安に思っている方が宮城 桂蔵寺の使用期間を設けて利用するプランです。個人墓・夫婦墓としての利用期間は、最後の方が埋葬されてから13年間となります。
宮城 桂蔵寺の個人墓・夫婦墓プランの利用期間満了後、お墓心抜き法要をしていただいて、墓石撤去、ご遺骨を合祀墓へ改葬されるそうです。
また、利用期間中は、縁者の方が一般のお墓と変わらずにお墓参りできるそうです。 子供達が、お墓を継承していくかが不安でお墓を求めることができずにいる人が安心して契約できるように、継承者が途絶えても13年間はお墓を存続できるそうです。 また、存続期間中にお墓の継承をされたいと願う子孫や親族が継承申請をしたら、そのままお墓を継承することもできるのだそうです。お墓を継ぐ。継ぐことが出来ないということは建てたその時には分からないこともありますから、そういった仕組みがあるとあ墓も建てやすいですね。万が一、お墓の継承者が途絶えても、お寺が手厚く墓参供養して下さるので安心できますね。
継承する際に、継承者が檀信徒登録すると、一般のお墓として永代に使用出来るのだそうです。その際の費用はかからないということなので、安心ですね。
丘カロート式・芝型区画洋型から選べるみたいです。
宮城 桂蔵寺 丘カロート式のお墓
宮城 桂蔵寺の境内墓地の個人墓・夫婦墓特別区画に丘カロート式のお墓を建立することができるそうです。墓石の費用ですが、大洋石材工業の完成価格ですが、永代使用料・墓石代・工事代・基本彫刻代・消費税込みで50万円より作ることが出来るそうです。お代金には、耐震基礎工事も含まれているそうですし、石の種類も黒御影石な様々な石から選ぶことが出来るそうです。
宮城 桂蔵寺には芝生区画洋型のお墓もあるそうです。花園墓地の芝型区画に洋型のお墓を建立することができるそうです。 こちらの宮城 桂蔵寺の芝型区画の墓域には建墓されている一般の墓石があるそうです。実際に見て区画を選ぶことが出来ます。 全区画が東向きで、足に自信のない方や。車いすでのお墓参りの方でも安心して、お墓参りが出来るように、バリアフリー設計の平坦区画となっているそうです。 駐車場から、徒歩2分の場所にある区画で、車から降りてそこまで歩かなくでもお墓参りが出来るのは嬉しいですね。お値段は498000円〔税込〕からだそうです。
料金には、永代使用料・墓石代・工事代・基本彫刻代・消費税が含まれています。
・共有墓「地蔵塔」
地蔵塔のご利用料金となります。
※埋葬された方の芳名は、桂藏寺過去帳に記載され保管されます。 社会福祉を受けている方や経済的にお墓を求めて墓石を建てる事が困難な方が、墓石の購入が必要なくお墓に埋葬できることで悩みから救われるよう願って建立されました。
地蔵塔をご利用される方々が、1つのお墓を「お家のお墓」としてご利用する新しいタイプのお墓です。 また、江戸期の延命地蔵尊や六地蔵が墓石の隣にあり、お墓参りする方々が来られる際、手を合わせていく場所ともなっておりますので、墓参時期になると多くの方々がお線香を手向け礼拝されています。
お寺と墓参に集う多くの方々が線香を手向け礼拝されていくお墓でもあります。
<宮城 墓詳細価格>
〔宮城 永代供養墓通常プラン〕
永代供養墓蓮心塔のご利用料金 1霊につき25万
〔宮城 永代供養墓夫婦プラン〕永代供養墓蓮心塔のご利用料金 2霊につき50万
〔宮城 永代供養墓 個人墓・夫婦墓プラン〕
宮城 桂蔵寺境内墓地:永代使用料1u区画50000円年間管理費4000円
宮城 桂蔵寺花園墓地:永代使用料1u区画 120000円年間管理費60000円
お墓の継承者がいない場合は、年間管理費は後生前中のみとなります。



top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

〜宮城の墓との関わり〜 宮城のお墓



         墓宮城情報ミキファーヤサイヤ