宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について 


宮城お墓 最近注目の樹木葬


<宮城 お墓の名称>
七つの森樹木葬 禪興寺 http://zenkoji-jyumokusou.com/
<宮城 お墓の所在地>
宮城県黒川郡大和町吉田字長福寺1
<宮城 お墓のアクセス>
・宮城 東北自動車道 大和IC
・宮城 仙台北部道路 富谷ICより車で15分
<宮城 お墓の詳細>
 禪興寺は文永2 年(1265)松島円福寺一世法心性西(ほっしんしょうさい) 禅師によって開創され、寺号を長福寺と称した宮城の寺院で、墓地もあります。現在、宮城の禪興寺周辺の地域を長福寺囲いと呼んでいますが、往時の寺号に由来するものです。 開創翌年火災で堂宇を焼失し荒廃の時代が続きましたが、寛文10年(1670)松島瑞巌寺百二世大領義猷(だいりょうぎゆう)勅諡本光瑞如禅師によって再興され現在に至っています。本尊は延命地蔵菩薩で天正2 年(1574)の開眼銘が記されています。さて、そんな歴史のある宮城の禪興寺での樹木葬のお墓ですが、四季折々の花や野草、鳥のさえずりの中でゆっくり眠りたい・子孫に墓の面倒をかけたくない・跡継ぎのいない墓を閉じたいなどと、考える人が増えてきました。宮城の七つの森樹木葬のシンボルとなる好きな樹木を選び、その木を墓標とする、樹木葬です。宮城の家族はもちろん、大切なご友人など血縁関係の有無関係なしで、同じ宮城の七つの森樹木葬のお墓とされる木の下で眠ることができる、時代の声に応えた新しいかたちの自然葬となっています。宗教・宗派は関係なく、誰でも、お申込みいただけます。
樹木葬というのは、最近話題のお墓の形で、宮城に関わらず日本の家族形態の変化・お墓に対する価値観の変化に対応したお墓と言えるのではないでしょうか。
 従来の家単位で区分された宮城の墓地の区域に、石造りの墓を建てて埋葬する形式と異なり、個人単位で一定の宮城の墓域に指定された土地に直接遺骨を埋葬する埋葬方法です。その埋葬場所の目印として、石塔の代わりに樹木を植樹したり、シンボルとなる樹木の周辺に埋葬するものです。
 なぜ、宮城で樹木葬が注目されるようになったのかを考えてみると、現代ならではの事情があるようです。 日本の一人の女性が一生に産む子どもの数が2013年の平均で1.43人だそうです。 2という数字を下回っているということは、一人息子と、一人娘が結婚するというパターンが多くなっているということになります。それは、日本全体に言えることで、宮城にお住まいの人にも当てはまることなのです。 子供世代では宮城の両家の墓を2つ、孫の世代では宮城のお墓4つ、ひ孫の世代では宮城のお墓8つの墓を維持していくことになるのですが現在の跡取りのいる家ですら、家のお墓を維持していくことが難しい状況になってきています。さらに、嫁ぎ先や、引っ越し先によっては宮城の墓だけでなくなります。ましてや、非婚化や、結婚して子供が生まれても1人か2人ということですと、従来の家単の宮城のお墓の維持は大変困難な状況になってきているのです。 団塊の世代が定年を迎え、平均寿命まで20年あまりの間、夫婦元気で第二の人生を過ごせる時代となりました。 余生は宮城の自然と触れ合い、死後は自然に還りたい、子孫に宮城のお墓の心配をさせたくない、形のあるお墓は立てたくない、と、考える人が増えてきたのだと、考えられます。
親と子が同居することが難しく、成人した子供は育った土地を離れ、日本だけでなく、海外に離れ離れで暮らす人もいます。すでに、後継者の途絶えてしまったお墓を畳んで遺骨を散骨、樹木葬にしたいと希望する人も多いのが現状のようなのです。
 こうした人の受け皿として、時代の要望にこたえた埋葬方式として行おうとするものが樹木葬のお墓だそうです。 宮城の樹木葬のお墓のある禪興寺の敷地の1500坪を超える四季を彩る山林です。メインとなる木は樹齢700年を超える滝桜の種から育てた実生の滝桜だそうです。そのほか様々な樹木が宮城の樹木葬にはあり、桜だけでも30種類程あります。桜の木の下で静かに眠ることが出来るなんて、いいですね…。自然に還るイメージがし易いですよね。お墓の範囲の樹木の中から、自由に木を選ぶことができ、その根元付近の土地に個人単位で直接遺骨を埋葬する方法なのだそうですよ。
<宮城 樹木葬詳細価格>
埋葬料+管理費50000円=350000円
 50000円の管理費は、一年5000円の管理費として、10年分ということになっていて、11年目以降は不要となっています。また、ご先祖様のお墓を墓じまいされる方は、先祖さま全体で、一口となるそうです。
また、散骨を希望する際には、粉骨加工が必要になりますので、一体につき30000円の加工料が必要になるということです。



<宮城のお墓名称>
みちのく樹木葬永代供養墓 観音寺 http://hana-jyumokuso.com/?page_id=477
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市皿貝字寺入山4
<宮城のお墓への交通アクセス>
・宮城 三陸道「河北インター」から国道45号を北(気仙沼方向)
・県道197号から旧飯野川第二小学校方向へ(ライオンズ子供の森の看板が目印)
ナビで検索するなら、電話番号入力で0225-62-0212 
で、検索すると、案内されるそうです。
<宮城県墓所情報 >
 最近宮城でもよく聞くようになった樹木葬という言葉。
宮城の樹木葬墓地のいいところは、一人ひとりの墓石はないものの、墓石の代わりにシンボルツリーがその役割を果たしてくれて、その木の下に埋骨されるので、自分の命が自然の一部となり花に木に生まれ変われる…というような大自然の中で自分が生かされていたことを感じ、命が自然に還るというごく当たり前の形をとっていることではないでしょうか。 宮城のみちのく樹木葬の樹木葬墓地は、桜の木を墓標としていて、その木の下に埋葬することができます。 宮城の樹木葬のある森は、東日本大震災の南北400キロの中心に位置していて、鎮魂慰霊のさくらの森として2012年から環境を整備されてきたそうです。
 2年後の2014年には森の中心に、慰霊記念供養塔の「「祈りと供養のしるべ」が完成したそうです。 宮城の樹木葬墓地は山の中ほどにあり、周辺には子供の心のケアのための山小屋に休憩所の東屋、アスレチック施設、散策道が整備されているのだそうです。
ここでは、生と死(死を見つめ、生きることの大切さ)をコンセプトとしているようです。故人と今を生きているものとの心の対話ができる場所になっているのではないでしょうか?宮城のみちのく樹木葬墓地は、シンボルツリーが桜というのがいいですね。
 桜に見守られ、自身が花に生まれ変わって、大切な人と永遠に眠ることができるというのが魅力ですね。宮城の一般のお墓のように通常の墓石を使用しないので、維持管理の必要もありませんし、後継ぎの心配も必要ありませんので、子供たちに負担をかけるという心配も要りません。 宮城のお墓だけど、維持管理の必要がなく、引き継ぐことも心配しなくていいという、宮城の永代供養のお墓の形、樹木葬。
 宮城のみちのく樹木葬墓地の特徴としては、誰からも愛される桜に身守られながら、ゆくゆくは花に生まれ変わることができるという、自分も自然に還ることができるというのが一番の特徴ですね。
 一般の宮城のお墓のような墓石が必要ないので、墓石の料金がかからない分、経済的な負担も少なくて済むようです。維持管理費もかかりませんので、その後のことを気にかける必要がありませんし、個人的なスペースはあるわけではないので掃除などの世話の心配もないですね。永代供養となっているので、無縁仏とはなりません。寺院が運営しているので、安心して永代に渡って供養を受けることができるのは、安心ですね。
葬儀は故人の人生の卒業式ともいえると感じるのですが、宮城のみちのく樹木葬のお墓では命の根源に還るための旅立ちの供養をしてくださいます。葬儀を本堂で営み、そのあとに、宮城の樹木葬の墓地に移り、納骨をし、読経をして手を合わせることができるのだそうです。宮城の樹木葬墓地のシンボルは中央の桜の木になりますが、石のプレートに名前や言葉を刻むことができるので、どのあたりに埋葬されているかということは、分かるようになっています。一般の永代供養墓ですと、納骨してから、何年か供養してもらったあとに、移動して合同葬のようになるこがありますが、そういった移動もないのがいいですね。
 宮城のなどの地方で生まれて、仕事の都合で都会に出ている人だと、やはり、年をとってくると自分の育った土地が懐かしいと思うこともあるのではないでしょうか。そういった方にいいですね。自分は生まれ育った緑豊かな土地で眠ることができると思うと、なんだか考えただけで安心できます。交通のアクセスもいいので、帰省に合わせての墓参りもし易いですね。
 宮城の樹木葬墓地の購入の条件があるのですが、他の寺の檀家になっていないということと、墓地を所有していないことが条件になっています。菩提寺や、すでにお墓を持っている人は対象外となるそうです。基本的には、生前に契約されることになりますが、すでに火葬・葬儀を澄まされているかたも相談に乗ってくださるそうです。
 宮城の樹木葬の墓地での墓標となる桜の木は、女優の倍賞さんが植樹されたものらしいですよ。倍賞さんといえば有名な映画「男はつらいよ」のさくら役。倍賞さんが被災地支援で現地を訪れたときに、鎮魂供養のために、植樹をされたのだそうです。子供は仕事の都合などで、遠く離れて暮らしていて自分のことで、迷惑をかけたくないという方は多いとお思います。そういった方は、お墓も夫婦一緒に入るお墓で一代限りと考え、二人きりの墓と割り切るということも必要になってきます。宮城の樹木葬墓地は1区画に、2人まで納骨ができますので、大切な人相手と一緒に眠ることができます。自分ひとりだと、亡くなった後のことが思いやられると思うのですが、維持管理費も不要ですし、掃除などのことも考えなく手もいいので安心です。生きた証(あかし)は桜がいつまでも見守ってくれているのです。
<宮城墓 価格詳細>
〔樹木葬の墓〕一区画 芝の中の20cm四方 200000円 区画費用には永続管理費用が含まれています。
(納骨費用・供養は別途) 夫婦の場合は二倍の区画で隣り合わせ(20cm×4cm)で400000円区画費用には永続管理費用が含まれています。
(納骨費用・供養は別途)



<宮城 お墓の名称>
マイメモリー樹木葬 のびる
<宮城 お墓の所在地>
宮城県東松島市野蒜字下沼126
<宮城 お墓のアクセス>
・JR仙石線「野蒜(のびる)駅」からタクシーで約3分
・三陸道「鳴瀬奥松島IC」から車で約7分、野蒜海岸入口近く
<宮城 お墓の詳細>
 宮城に新しいお墓の形の樹木葬のお墓ができたのだそうですよ。
最近のお墓の悩みでとしてあげられるのが、自分の子供にお墓のことで心配・迷惑をかけたくないということで、ご自身でお墓を探す人が増えています。また、自分や先祖代々のお墓の世話をしてくれる人がいないがきちんとした供養をしたいと思っている方は増えているそうで、残念ながら墓じまいをする方も増えてきています。また、子供と別々に暮らしているお住まいの方が増えていて、お墓参りに行きにくいと感じる人がふえているのだそうです。そこで、宮城の石巻エリアでは初の現代のスタイルに合ったお墓ができたみたいですよ。すでに、150名以上の方が見学に来場されたという、新しいお墓の形、樹木葬のマイメモリー樹木葬 のびる。東松山市の長音寺の境内にあります。
毎年一回の法要もしてくださり、納骨後13年間は供養していただけるそうです。たとえば、ご夫婦二人で生前に契約された場合、亡くなるまでは期間の制限がありません。お一人目が亡くなられて納骨されても、期間の制限はありません。2人目が亡くなられて納骨した時から、13年間の法要を受けることになります。その後、揃って永代供養墓へ移り合祀されます。 1名からでも利用できますし、最大4名まで利用可能なので、個人としてはもちろん、夫婦、家族でも利用も可能です。希望によっては、個別供養も受けてくださるそうです。もし、墓じまいをされて樹木葬をされる場合、墓じまいも6万円からお願いすることができます。それまでの宗旨宗派は問わないということで、誰でも申し込むことができますね。13年は供養もしていただけて、そのあとが永代供養墓に移されますが、お寺でずっと供養を受けることができます。しかも、大事なペットと入れる区画もあるのだそうですよ。家族同然のペットなので、一緒にお墓に入ることがでできるというのは、嬉しいですね。樹木葬の管理をしているのは上東五和という墓石店です。
お客様からの緑であふれる霊園、後継者がいなくても眠れる場所がほしいという要望から、待望の樹木葬霊園をオープンされました。一般墓地の横に樹木葬のエリアが78区画作られたそうです。
各区画では、遺骨を埋葬した上に石のプレートを置く形になっています。プレートには自由な彫刻をすることができて、個人が好きだったお花も植えることができるのだそうです。広さは30〜50cm、奥行きが40cmだそうです。また、ペットと一緒に入れるいお墓として、幅50cm、奥行き40cmも用意されているのだそうです。 通常の尾お墓を建てる費用の半額以下で永代供養までしてもらえるというのが心強いですね。
長音寺は東日本大震災の際に、津波で被害を受け、本堂などは全壊してしまったそうです。震災の痕跡にが残る墓地をして、桜や色とりどりの花を植えた樹木葬の整備を進めたのだそうです。平成30年には法要施設・会食のできる施設・多目的ホールもできる予定だそうです。
<宮城 樹木葬詳細価格>
4人用の場合一人あたり24万円から 今までのお墓を墓じまいされたい時は6万円~




top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

〜宮城の墓との関わり〜 宮城のお墓



         墓宮城情報ミキファーヤサイヤ