宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる


宮城にお墓を生前に建てておきたいけれど、子供にお墓の事で心配をかけたくないという人もいると思います。そういう時におススメなのが、こちらのお墓です。 一般墓を建てて、その後に申し込んでおけば、永代に供養してもらえるというプランもあるという宮城のお墓なのです。もちろん、初めから永代供養塔のお墓を利用するということも出来ます。自分にあった宮城のお墓を、納得して決めたいですね。

<宮城のお墓名称>
つどいの地 仙塩丘の上霊園  http://senyen.jp/thudoi/index.html
<宮城のお墓の所在地>
宮城県塩竈市向ヶ丘25番9号
<宮城のお墓への交通アクセス>
車で行く場合、宮城三陸自動車道「利府塩釜インター」より、約5分。宮城の仙台駅からは、約30分です。
・電車で行く場合は、宮城仙石線「本塩釜駅」より、車で約8分。
・宮城東北本線「塩釜駅」より車で約6分。タクシーだとワンメーターの距離とアクセスも良好です。
<宮城のお墓情報>
宮城県の塩竈市の「竈」かまどという文字ですが、公文書ではこの「竈」とういう文字が使われることになっていて、駅の名前などでは簡単な釜が使われる事が多いようです。どちらも馴染みの少ない人にとっては難しく感じる漢字のように感じられると思いますが、 宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の、経営者は宗教法人 顕妙寺で、宮城県塩釜市小松崎4番21号にあります。
経営許可番号は塩竈市指令第678号、経営許可年月日は平成27年1月5日です。
施設には管理棟があり、水汲み場ももちろんあります。駐車場約60台完備と沢山の車が一度に停める事が出来るので、墓参りがし易いですよね。
監理は委託監理として指定石材店が行っているようです。
こちらの宮城の墓では、宗教自由で宗教や宗派は問わないそうで、誰でも相談できるのは有難いですね。
一般墓だけでなく、永代供養墓も併設していて、永代にわたり安心して管理して頂けます。こちらの宮城の霊苑のいい所は、宗教不問で誰でも利用できる事、寄付金は一切不要だということです。
気軽にご利用できる休憩所や管理施設完備されていて、バリアフリーに対応した通路になっているそうです。
バリアフリーの墓というのは、ポイント高いですね。足が痛くて心配な墓参りも、バリアフリーでしたら、車椅子での移動でも段差を気にしないで、進めますものね。さらには、墓の永代使用料の中には全ての墓の区画において、耐震基礎工事費用も含まれているのだそうです。大きな地震を経験した宮城だからこその標準の仕様とも言えますが、耐震基礎工事が含まれているというのも心強いですね。
宮城の仙塩丘の上霊園はお墓参り出来ない日はあるのでしょうか。
墓参りは1年間を通して可能だそうですが、宮城の管理事務所は毎週水曜日が休みなのだそうです。水曜定休でも、祝日の場合や、盆・彼岸などの期間は休まずに営業しているそうなので、安心ですね。また、管理事務所がお休みでも事前に連絡をしておいたら、納骨や、打ち合わせ、法要などは対応してくださるそうです。
宮城の仙塩丘の上霊園の管理事務所が対応してくれる時間は9時から15時です。
宮城でお墓を作りたいと考えた場合、どこでも宗教に関係なく作ることが出来るのか。ということですが、宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の墓園は宗旨宗派を問わないですし、遺骨がなくても建てられますし、生前に建てるのも可能ですし、事情でお骨がない場合でも建てられるのです。
※個別墓所はご使用申込みと一緒に、墓石・外柵等の設置工事を指定石材店に申し込む必要があるようです。
また、宮城の仙塩丘の上霊園では後継者がいないから、一般墓は建てなくて、永代供養墓を考えている方も、宮城の仙塩丘の上霊園には「〜しあわせ〜」と命名された供養墓もあり、生前申込ができるのです。永代供養墓というのは、大きな一つのお墓に多くの複数の遺骨を埋葬するお墓の形です。すでに霊園で墓地を使用している人でも、既存の墓石解体費用も含めて、永代使用料・管理料35万円(税別)でお願いできます。
宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園に墓地がない人でも永代使用料と管理料が1名40万で、申し込めるプランもあります。
こちらは生前でも申し込みは可能です。
生前申し込みの場合、夫婦二人で申し込む場合は60万円(税別)だそうです。3名から、一人毎に15万円(税別)プラスということらしいですよ。 最近は、宮城でも家族構成の変化などの理由から、墓をお世話して行く人が途絶えてしまうケースが見受けられるのです。 将来的に宮城の墓を継ぐ人がいなくなるのが分かっている場合なら、早めに相談しておくといいですよ。継ぐ人がいなくなっても、宮城の仙塩丘の上霊園なら永代にわたってお世話をしてくれるプランもあるそうです。
納骨するスペースは、神道・仏教・キリスト教・自由タイプの4つから選べるようです。
気になるのが、宗旨宗派は問わないですが、法事や納骨の際にお経をお願する僧侶や神主はどうなるのか…。
どこで依頼したらいいのかが気になるところだと思います。そう言ったことも、心配はいりません。宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の規定料金(お布施や祭祀料とお車代)にて、各宗派の僧侶や神主を手配して下さるそうです。
墓を建てて納骨はいつまでに行ったらいいのかという問題ですが、宗教によっても異なるそうですが、仏教ではだいだい49日法要、キリスト教・神道では50日祭・100日祭と合わせて行うのが一般的だと言われていますので、その時期を目安にするといいのかなと思います。
もし、現在、宮城の他の霊苑に墓地があって、宮城の仙塩丘の上霊園にお墓を移せるのかどうか…という事が気になる人がいると思います。
そういう方は、既存のお墓を宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園に移すことは出来ませんが、お骨の移動をするのは、可能だそうです。
遺骨のお引っ越しを、改葬というのですが、それは可能で、市町村で出してもらえる書類を用意するのと、墓所の返還手続きが必要になるということです。
また、最近はペットの埋葬を希望される方もいらっしゃいますが、ここでは残念ながら人以外の納骨をすることは出来ません。
宮城のお墓の、つどいの地 仙塩丘の上霊園のお墓の管理料は何に使われる御代金なのかというと、アパートなどの賃貸物件の共益費的な捉え方をすると分かりやすいのかなと思うのですが、個別墓所ではないところの宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園内の供用部分の場所の環境整備や管理、事務に要する費用に充てられるようです。
その様に使われる御代金ですが、2年以上滞納すると、永代使用権を取り消されることがあるそうなので。きちんと納めなければなりませんね。そのような宮城のお代金はどのように支払うのかですが、必要な書類を記入するだけで、口座からの自動引き落としにも出来るそうなのです。自動引き落としには手数料はかからないですので、気軽に手続き出来ますね。
宮城のお墓の様々なお代金も自動引き落としの時代なのですね。
意外なのが、住所が変わった時には、変更の手続きが必要なのだそうです。その際には、新住所記載済みの公的な書類が必要になるそうですので、合わせて持って手続きに行くことを忘れないようにしたいですね。
その、公的書類はコピーでも大丈夫だそうです。宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の事務所で受け付けてくれるそうです。
宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園へ手続きが必要な場合どのような場合があるのでしょうか。
墓所使用者の承継についても決まりがあります。
墓所使用者(現使用者)が死亡された場合は、すみやかに承継手続きをする。
また、承継者(新使用者)は、原則として民法725条にもとづく親族とする墓所使用者(現使用者)と承継者(新使用者)との続柄により、提出書類が異なるので、必ず宮城のお墓の事務所までお問合せる必要があるのだそうです。
承継手続きに関しては、所定の手数料が必要だということです。
墓地によっても、まちまちの決まりがあるのですね。でも、逆に宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園のお墓のようにハッキリ明記されていて、分かりやすい決まりがあるということは、管理もしっかりされているということで安心につながりますよね。
宮城のつどいの地の墓所使用者が死亡して新たな使用者が引き継ぐ場合にも手続きが必要になりますので、気を付けておきたいですね。 次のものを準備し、承継者(新使用者)本人が宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の事務所まで出向き手続きをします。

・丘の上霊園承継申請書(霊園所定用紙。用紙は霊園に請求する)
・丘の上霊園使用承諾証
・墓所使用者(現使用者)死亡記載の戸籍謄本(全部事項記載。発行日より3ケ月以内のもの)
・承継者(新使用者)の戸籍謄本(全部事項記載。発行日より3ケ月以内のもの)
・承継者(新使用者)の印鑑登録証明書(発行日より3ケ月以内のもの)
・承継者(新使用者)の誓約書(霊園所定用紙。用紙は霊園にご請求ください)
・喪主等、祭祀を主宰していることが確認できる書類(葬儀費用の領収書・法事の施工証明・会葬御礼等)

手続きには、手数料(10,800円)がかかります。 実印も必要なので。忘れないで持参しましょう。 外国人で、戸籍謄本の取れない人は、本人と同居家族全員の住民票で大丈夫だそうです。住民票などの書類は宮城の各市役所・区役所で発行してもらうことが出来ます。
喪主等の祭祀主宰者と承継者(新使用者)が異なる場合は、祭祀主宰者より承継届出書(霊園所定用紙。用紙は霊園にご請求ください)が必要となるそうです。 配偶者・長男以外の方が承継される場合は必要な書類が異なる場合がありますので、必ず宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園のお墓の事務所まで問合わせをすることを覚えておきたいですね。 墓所使用者が死亡したとき、相続人またはその親族の一人が個別墓所の永代使用承諾の承継をすることが可能なのですが、配偶者・長男以外の方が承継する場合は必要な書類が異なる場合があるので、必ず事務所まで問合せが必要になってくるのだそうです。

・墓所使用者の名義変更(改姓・改名)した時

下記のものを用意して、墓所使用者(現使用者)本人が宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園のお墓の事務所まで行き手続きをします。但し、使用承諾証を紛失した場合は再交付手続きが必要だそうです。
・丘の上霊園改姓・改名変更届(当霊園所定用紙。用紙は霊園にご請求ください)
・丘の上霊園使用承諾証
・改姓・改名申請者の戸籍謄本(全部事項記載。発行日より3ケ月以内のもの)
その際に認め印が必要になります。
使用承諾証の紛失した時

・紛失届(霊園所定用紙。用紙は霊園にご請求ください)
・再交付申請書(霊園所定用紙。用紙は霊園にご請求ください)
・戸籍謄本(全部事項記載。発行日より3ケ月以内のもの)
・印鑑登録証明書(発行日より3ケ月以内のもの)
手続きには、手数料(10,800円)がかかり、実印も必要になりますので忘れないで持参しましょう。

宮城で使ういろんな書類の数々ですが、戸籍謄本や、住民票などは場所によっては郵送してもらえる所もあるようです。その際は宮城県にある各市役所に返信用封筒に切手を貼ったものを用意して行くと待つ手間が省けるようです。 さて、宮城のつどいの地 で実際の墓を建てる費用についてです。 先にも記載しましたが、宮城のつどいの地の永代使用料の中には耐震基礎工事が含まれており、大変良心的な求めやすい値段であると言えます。 大切な宮城の墓所を永代にわたり守るために霊園独自の耐震性のある工事で施工してもらえるというのが有難いですね。 お墓には5つのタイプがあります。 面積の違いによって分けられています。
宮城の仙塩丘の上霊園のお墓の利用形態は自由で、夫婦墓・個人墓でのご利用も可能なので自分達の希望に沿って決めることが出来ます。 将来使用出来なくなった時でも永代管理料支払いずみであれば、返還時・墓石解体などの費用は一切かからないそうです。 このようなことから、残された方に負担をかける心配がないのがいいですし、 使用期限後は永代管理合同碑に合祀され、料金は一切かからないということです。 永代にわたって宮城の仙塩丘の上霊園がお世話と供養がしてもらえるということで、安心ですね。
宮城の仙塩丘の上霊園の墓石のタイプはカロート型と、フロアー型があります。 カロート型にも3タイプあり、A型・洋型の横に広いタイプと、B型・縦に高いタイプ、さらに横幅が狭く、C型・縦に高いタイプがあります。 カロート型外柵は景観を綺麗に保てるように統一されていますが、墓石部分は自由にデザイン設計ができるのだそうです。 石碑、外柵の石種から組合せ自由にできるそうです。宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊ならではですね。 宮城のB・Cタイプは外柵(囲い石)は巾が広くなるのだそうです。 フロアー型のお墓は2種類あり、洋型のDタイプと、和型のEタイプとがあります。. 外冊・墓石の形状を好きなようにデザインできます。 霊園の規定の高さ以内であればデザインは自由設計出来るみたいです。 Dタイプは囲い石(巾1,500×奥1,800)のサイズのお墓で、Eタイプは囲い石(巾1,800×奥2,000)のサイズのお墓です。 オプションとして、彫刻で美しさを表現できる各種彫刻(うかし彫り・立体彫刻・線彫刻・線彫刻色入れ)を予算に応じ施工してくれるそうです。シンプルなお墓も素敵ですが、少し他とは違ったこだわりをお墓にもあしらうとさらに素敵で個性が感じられますね。
最近、宮城でも生きているうちに墓を建てておくという人が増えてきました。 生きている間に墓を建てておくことは、後に残されたものへの負担が少しでも少なくて済むというメリットもあるのです。墓は、課税の対象にならないので、相続するにも相続税はかかりませんし、不動産取得税・固定資産税もかかりません そして、亡くなったあとにすぐに墓を!と思っても、墓を建てるには意外に時間がかかるものです。 家族を亡くして、憔悴している家族にとっては大変な作業に感じることもあるのです。 最近では縁起どうこうよりも、自分が最期に入る墓は自分で決めたい、残された人に少しでも悩ませたくない、という思いから、または個性あふれる墓を作りたいといった人も出て来て、石種やデザインを選びたいという方が寿陵墓を建てる人が増えているのだそうです。また、宮城に関わらず、日本や中国、エジプトなどの仏教が伝わった国では、生前にお墓を建てるということは、昔から行われていた事で、寿陵(生前墓)と、呼ばれていて、昔から行われていたのです。 仏教の教えでも、生前に墓を建てるということは、自分のために仏事に関わり、冥福を祈ることとして功徳が持たされると言われているのです。その。功徳は子供から孫へ受け継がれ、子孫の繁栄と幸福につながると言われているのだそうですよ。 自分の墓を建てようと思った時がお墓をつくるのに最適の時期とも言えるのではないかという考えから、宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園では、生前墓を建てる人にも立てやすいようなプランが考えられています。宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園では生前にお墓を建てることが認められていますが、認められていない場所もあるので、探す時には気を付けたい点ですね。
宮城のつどいの地 仙塩丘の上霊園の周辺施設には、マグロの水揚げ高全国でもトップクラスの有名な塩釜仲卸市場があって、市場での特産物の買い物も出来ますし、宮城近郊海の幸の美味しい食事が楽しめるのだそうです。 宮城でも海が近いこともあって、美味しいお寿司屋さんも沢山あるんだそうです。 また、和食に限らず、いろんな分野の食事で美味しいものが沢山あるみたいですよ。季節ごとに移り変わる宮城の自然を感じながら、お墓お参りに行くのもいいものではないでしょうか。

<宮城 墓 価格詳細>
宮城A タイプの墓(1.00m×1.50m)1.50u永代使用料375,000円管理料6,000円
宮城B タイプの墓(1.10m×1.50m)1.65u永代使用料400,000円管理料6,000円
宮城C タイプの墓(1.20m×1.50m)1.80u永代使用料420,000円管理料6,000円
宮城D タイプの墓(1.50m×1.80m)2.70u永代使用料550,000円管理料6,500円
宮城E タイプの墓(1.80m×2.00m)3.60u永代使用料750,000円管理料7,000円



top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

〜宮城の墓との関わり〜 宮城のお墓



         墓宮城情報ミキファーヤサイヤ