今まで知らなかった宮城お墓のこと

宮城の土地と建物、さらには財産まで狙っている従姉妹たち。
それなら、宮城にあるお墓のことも考えてくれたら良いのだけれど、きっと、あの人たちは宮城のお墓の場所すら覚えていないのではないだろうか?
子どもを連れて、同居していた家を飛び出したというのに、何十年もたって遺産分与を言ってくるとは、普通の神経では出来ないことだ。
従姉妹たちからしたら当然の権利だと言いくるめられているだろうけれど、あの父の弟の元嫁、つまりは従姉妹たちの母親が裏で糸を引いているとしか思えない、ひねくれたわたし。
まぁ、助けてもらっておきながら、自分の身を守るためにその人をも裏切る神経の持ち主だから、それも普通のことかもしれないのだけれど・・・。
そんな人たちだから、もし仮にわたしたちが遺産を放棄したとしても、宮城の土地と建物を処分したあとは宮城お墓のことなんて考えもせず、そのまま宮城のお墓を放置するだろうと思われる。
父の弟の元嫁さんは、もしかすると宮城のお墓の場所も覚えている可能性はあるが、小さな頃に宮城を離れ、それから一度も宮城のお墓参りをしていない従姉妹たちが広い宮城の墓地の中で点在しているおじぃちゃんとおばぁちゃんの筋にあたる宮城お墓の場所を全て覚えているとは考えられない。
ましてや、一番下の従姉妹なんて生まれてさえいなかったのだから。
インターネットで調べるだけでもいろいろと出てくるお墓のこと。
わたしたちのように悩む人は少なくないみたいだ。
“改葬”と呼ばれるお墓のお引っ越しや、“廃墓”と言われる墓じまいのためにお墓を処分するための方法があるみたいだ。
また、墓じまいした後の墓石は“魂抜き”をしてから産業廃棄物としてリサイクル処分されるのだとか。
ただ、いくら石材だからと言っても宗教的な感情的対象物となるため、丁寧な寺院なんかは空き区画を利用して“無縁墓”としてご住職が供養を行ってくれるところもあるみたいだ。
反対に、安く処分を請け負う悪質な業者に頼んでしまうと、不法投棄されるなどの社会的問題になったりもするので気を付けなければならない。
宮城にあるものだから、どうしたらよいか、今のところはわからない。
どの方法がいくらくらいかかって、今後のことも参考にしながら検討して行きたいと思う。



宮城のお墓page3

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ