宮城のお墓の改葬費用について

宮城のお墓のお引っ越し、と言っても、ただ石を移動させる、というわけではない。
そこには様々な費用か嵩んでくるのだ。
ざっとみても、何百万という金額になってくる。
細かく見たいところだけれど、そのところ次第という感じで、費用のかからないところがあったり、それ自体しなくても良いところもあるので、必ずそれが要るというものではないけれど、だいたいの金額の目安はわかってきた。
まぁ、宮城お墓を引っ越しする費用は、新規で宮城でお墓を建てるよりも費用がかかる、というのが一般的らしい、と言えば、簡単に想像つきますよね。
宮城お墓のお引っ越しにかかる金額の目安とは・・・。
本当に紹介するところによってもその金額はまちまちでした。
まず、一番費用のかかってくるところとしては、新しいお墓の費用だ。場所や大きさ、立地条件によって大きく変わってくるけれど、100万〜300万円程度は覚悟しておかなければならない。普通乗用車が買えてしまうくらいの金額ですね。
そこに、いままでの宮城のお墓の墓石をそのまま使用する場合は、運搬費用がかかってくる。
移動距離は石材の大きさにもよりますが、20万〜80万ほどになるらしい。
そして、これまであった宮城のお墓の墓石の解体・撤去処分と、区画整理の費用も必要になる。
だいたいの目安として、1平米あたり8万〜40万と依頼するところにもよりますが、それなりの金額になってくるようだ。
これだけでも、定期預金の解約を考えなければならないというのに、ここにモロモロの費用がかかってくるのだ。
例えば、宮城のお墓の遺骨の取り出し費用は、かからないところもあるのに対し、かかるところは1対につき3〜4万程度かかり、逆に、埋葬費用もかからないところはあるけれど、遺骨1体につき3万円前後かかるという。
その際、供養・法要の費用として、魂抜きの“閉眼法要”の読経料(お布施)で1〜5万円程度を僧侶に支払ったり、その逆の“開眼法要”としても同じくらいの費用がかかってくる。
そして、読経料以外にも、お車代など包むこともあるので、それぞれのしきたりに対応しなければならない。
それ以外にも、離檀料として数万円かかることもあるので、前もって問い合わせておく方が失礼に当たらないのではないかと思います。



宮城のお墓page5

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ