宮城のお墓の改葬の際の注意点

“改葬を行おうとする者は、厚生労働省令で定めるところにより、市町村長の許可を受けなければならない”。
自家の墓であっても、遺骨を持ちだすことは自由にはなりません。
以上のように宮城のお墓の改葬を行う際、書類の手続を忘れないようにするのはもちろんのこと、宮城のお墓の改葬をお願いする業者選びもとても重要になってくる。
宮城のお墓の改葬費用が事前に明確になっていなかったり、後から後から金額がかさんでくれば、宮城のお墓の改葬費用が最終的にどれほどの金額がかかってくるのか想像もできなくなってしまう。
なんせ、宮城のお墓の遺骨1体につき、と言われると、どこまで宮城のお墓からお引っ越しさせたら良いか、決められなくなってしまう。
また、もし、新しい土地に新しく墓石を準備する際には、宮城のお墓の石材の撤去、処分をお願いすることになるのだけれど、これらの宮城のお墓の石材は産業廃棄物として処分されなければならず、悪徳業者に頼んでしまうと、最悪、不法投棄をして処分されてしまった例もあるという。
やはり、宮城のお墓の業者選びが改葬のキーワードとなるようだ。
墓じまいの場合はなおさら、石材の処分が必要となってしまいますよね。
確かに“魂ぬき”をされているので、通常の石材として扱っても良いのだろうけれど、宗教的が感情対象物でもあるので、全てを粉砕してリサイクルされるわきでもないようです。
名前など記載されている石塔だけを積んで“無縁墓”として住職が供養を行ってくれるところもあるみたいなので、処分する際は、その行方も事前に調べたり聞いたりしておくと良いかもしれませんね。
ちなみに、こういった石材はもともと質の高い石を利用しているため、大きさもあり硬度も高いため、一定の大きさに破砕し、再生処理を行った後、下層路盤材や粉石としてリサイクルされるのだそうです。
ちゃとしたところは、“廃棄物管理票”などの公的書類を作成し、それは廃棄物の種類や処分事業場の行き先ごとに交付されるので、委託どおりに廃棄物が処理されたかが確認できます。
これは、“排出事業者”“収集運搬業者”“処分業者”でそれぞれ5年間保存する義務があるというので、覚えておくのも良いと思います。



宮城のお墓page6

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ