宮城のお墓 墓じまいについて

改葬のときも、宮城の古いお墓を処分するわけですから、言ってしまえばそれも込みの価格、ということなのですが、わたしが言いたいのは、もうお墓を持たない、ということ。
前でもだいたいの金額を調べたのですが、もうひとつ詳しく調べていってみました。
これらは、宮城のお墓の撤去・解体費用とそれに関わる法要の費用に加え、宮城のお墓の中の遺骨を納め供養するための“永代供養”の費用がかかってきます。
新しいお墓の費用の変わりに、かかってくるものですね。
永代供養の費用としては、10万円〜100万円以上と、お願いするところによってかなりの金額差が出ているのですが、一般的な相場としては30万円〜50万円くらいだそうです。
前のも述べましたが、宮城のお墓から離れる“離檀料”、かなりネックになってきているみたいで・・・。
やはり、寺院にとって檀家さんを失うというのは、あまり喜ばれるものではないですし、親切心で存在しているものでもないですからその方針によってはやはり料金的な差額を生む事態にもなり兼ねるようですね。
昔なら、宮城お墓をなくす、なんて考えは持ち得なかったでしょうから。
また、永代供養自体を納めていた寺院で行う際は、数百万という金額になったということも聞いたことがありますから、簡単には考えられない問題ですね。
具体的に、前の項目から抜粋すると、宮城のお墓の墓石の処分・区画整理費用として8〜40万円。
宮城のお墓の遺骨の取り出し費用が1体につき0〜3万円、魂抜きの読経料として1〜5万円。必要に応じてのお車代。
ここに、離檀料と永代供養の費用を加算することになる、ということです。
新しいお墓を準備するのに比べ、多少安く済むということがわかりましたが、自分の代でご先祖様の宮城お墓をたたんでしまう、という精神的なむなしさみたいなものは残ってしまいそうですね。
おじいちゃんやおばあちゃんの代に比べ、わたしたち世代は、やはり現実的なことを考えてしまいますから、ずいぶんと考え方自体が軽くなってきている気もしますが、それが時代の流れというものでもあるでしょう。
ご先祖様も大切ですが、今の自分たちの状況やこれからのことも同じくらい大切なのですから。



宮城のお墓page7

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ