宮城のお墓 永代供養というもの

永代供養っていう言葉自体はよく耳にするのですが、そもそも具体的には何をしてくれるものなのか?
これまでの、なんとなく、ではなく、ちゃんと調べてみました。
先祖代々守られてきた宮城お墓ですが、少子化になってしまった現代では、子どもが女の子しかいないため、宮城のお墓を継ぐ人がいなくなってしまったり、結婚はしないという独身の人も少なくはない。
また、経済的な理由から、宮城お墓にあまりお金をかけられなくなったり、わたしたちのケースのように親が宮城から出てしまい、宮城のお墓を管理する人がいなくなってしまう、なんてことも多いのではないでしょうか。
そんな、宮城のお墓のお墓参りを出来ない人に変わって、宮城のお墓のお墓参りをしてくれる人がいなくても、変わりに責任をもって永代にわたって供養と管理をしてくれる、というものだそうです。
とは言っても、宮城のお墓の遺骨を個別に保管するのではなく、他の人と一緒の墓、あるいは納骨堂に安置されるのだとか。
その納骨方法もお願いするところによって様々な方法があるようですが、“合祀(ごうし)”と言われる、最初から宮城のお墓の遺骨を骨壷から出して、一カ所にまとめて土に還す方法や、ある一定期間、33回忌のような区切り(お寺によって、3回忌〜50回忌等まちまちなため、事前に説明を受けておいてくださいね)まで、納骨堂に骨壷のまま安置し、その後、前に書いた“合祀”を行う方法もあります。
どんな方法にしても、親戚の方々とよく話し合って、納得のいく供養方法を出していくしかないのではないでしょうか。
こういった“永代供養”ですが、ほとんどが一式料金で支払われるため、一般的には一度支払えば、その後の管理料やお布施、寄付金などの費用がかかってきません。
そして、過去の宗旨や宗派は問われないことが多いそうです。
その供養方法も実は様々で、毎年、春と秋のお彼岸とお盆に供養を行ってくれるところから、年に1回、または毎月供養を行うところ、毎年命日に供養してくれるところから、回忌供養を行ってくれるところまであります。
これも、事前に調べておいて、納得のいく供養方法を行ってくれるところを探した方が良いのでしょうね。
ちなみに、消費税や固定資産税、相続税などはかからず、生前申し込みもあるそうです。そう聞くと、なんとなく安心できますよね。



宮城のお墓page8

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ