宮城の問題

さてさて、話しは戻りますが、わたしは、亡くなる前のおばあちゃんを精神的に追い詰めた従姉妹たちを、たとえ血がつながっていても許すことができません。
まさか、音信不通だった自分の孫たちに調停を起こされるなんて、全く想像もしていなかったでしょう。
わが家に、父宛てに届いた調停の呼び出し日は、約2ヶ月後になっていた。
それと同じものが、どうやって調べたのか、宮城の施設に入っているおばあちゃん宛てに届いたのだ。
足が悪くなってしまっただけで、頭はしっかりしていたおばあちゃんだから、きっととてもショックだったと思います。
そのきっかけになったのが、わたしの母が従姉妹の長女に送った同意書がきっかけになっていたのだ。
おじいちゃんが亡くなってしまい、凍結してしまった銀行口座が2つあった。
金額的には30万円に満たないという、小額なものだったけれど、ずっと商売をしてきて国民年金しかないおばあちゃんの手元に、すこしでも残してあげたい、という、姑想いの優しい嫁の母。
宮城の施設にいるおばあちゃんに変わって、会いに行くついでに宮城の銀行をまわり、状況を伝え、凍結していた口座から現金を引き出すための書類(同意書)を集めてきたのだ。
口座を動かすには、相続人である父と従姉妹たち全員の署名が必要になる。
それを手紙に説明して、これらの書類を送ったのだそうだ。
従姉妹の長女はそれをみて、それらの書類の送付先が母の名前になっていたことから、母がすべての財産を奪おうとしていると思ったらしく、何故、書類の宛先が母になっているのか?わたしの父に対しては生前贈与があったことを把握しているので、全ての財産はわたしたちに権利がある、ということ、そして、生前贈与の金額を考えると、それ以上のものをもらうことも必要だ、ということが書かれていたのだ。
調停の場所は、わたしたちの住所を管轄とする家庭裁判所だった。
こんなところに、年老いた、宮城の施設に入っているおばあちゃんが来られるわけがないのを承知の上で、父のいるこの土地にしたのは明確だ。
わたしは母と作戦を組み、祖母の代理人として、祖母の気持ちを一番わかっている嫁の母が勤め、仕事の忙しい父の代理人としてわたしが代理人申請を行った。
それらの希望は承認され、2ヶ月後、いざ調停に出向いたのでした。


宮城のお墓page9

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

墓宮城情報ミキファーヤサイヤ