宮城のお墓について

宮城のお墓について調べてみました。お墓の知識はほとんどなかったので、まずは宮城のお墓の場所や特徴をいくつか調べてみました。宮城のお墓といっても様々様式があることが分かりました。宮城の墓にも一般墓に共有墓があるということ。さらには宮城の墓の一般墓にも個人墓と家族墓があるということ。宮城の墓にも今や後に残ることのない自然葬なんていう形のお墓もあるのです。宮城でもお墓にこうでなければばならないという決まりは基本的にはないのですが、宮城のお墓を管理するお寺とのつながり、公営・民営の宮城お墓であればそこで定められたルールを確認して宮城のお墓を作る必要があるということが分かりました。宮城でお墓を建てようと思う時、お墓というのはお骨を納める場所でありながら、故人と家族が近況を知らせたり、何らかの報告をしたり…と、故人と今生きる私たちが静かに心を通わせるのに必要なのだということを改めて感じました。


宮城のお墓情報 その1


<宮城のお墓名称>
1.法楽の苑(ほうらくのえん)真言宗系
http://www.hourakuji.net/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県黒川郡大和町宮床字兎野1-11-1
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼宮城交通富谷バス停(すぐそばにタクシー会社有)より車で約5分
▼地下鉄泉中央駅より車で約18分
▼宮城県仙台市役所から北四大衡線を通り車で30分

<宮城県墓所情報 >
宮城のおいしい井戸水の湧いている景色のよい手造りの墓園。 一般墓・規格墓・共同墓・無縁墓・自然墓・ペット墓という6つのタイプから選べる墓地で、自分の身の上にあった墓地を選べるのが有難いです。 宮城で後継者のいない人や単身者でもお墓を建てられます。 墓石の形も、周囲の雰囲気を壊さない範囲でお墓を自由に選択可能。 脱!「檀家」を掲げ、寺院は、サポーターに対し、来るを拒まず、去るを追わなければよい。こういった、無昔から続く檀制度を見直した画期的な寺院がここにあろうとは!! 目からうろこの新しい発想の寺院墓地です。 ペット墓も併設されていて、「一心」と名前がつけられたペット墓があります。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の丘カロート墓所〕
0.49平方メートル 永代使用料10万円年間管理費 5,000円
〔宮城の丘カロート墓所〕
1.5平方メートル 永代使用料15万円年間管理費 5,000円
〔一般墓所〕
4平方メートル  永代使用料25万円 年間管理費 5,000円
〔宮城の一般墓所〕
5平方メートル  永代使用料30万円 年間管理費 5,000円

〔宮城のペット墓所〕
納骨料は墓前の読経供養を含めて1万円

<宮城のお墓名称>
2.浄森墓苑(じょうしんぼえん)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県富谷市富谷根崎沢100
tel 022-348-5690
<宮城のお墓までの交通アクセス>
◆富谷町民バス富谷町役場行き「とうみやの杜入口」下車徒歩10分
宮城県富谷市民バスの詳しい情報→https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/kikakuseisaku/bus6.html
◆宮城県東北自動車道・泉インターから約15分
◆宮城県仙台市中心部から約35分
霊園種別 寺院墓地
宗旨宗派宗教 不問

< 宮城県墓所情報 >
宮城ならではの、緑の多い豊かな自然に囲まれた場所にある墓園です。名刹湯船寺が2005年に開設した宗教不問の墓苑で、近くの山からは鳥のさえずりが聞こえ、木々の間を流れる風が心地よい霊園です。市街地から離れていますがその分、落ちついた雰囲気があるのが特長です。新たにお墓を建てるにもいいですし、今後お墓の継承者がいない人にとっても、永代供養墓もあるので、改葬するにも良いのではないでしょうか。 大型駐車場もあり、敷地は平坦なので車から降りて負担なく少なくお参りが出来ます。 湯船寺の檀家になって入る専用の区画と、宗旨宗派問わず購入できる一般の区画とがあって、希望に応じて、どちらも選ぶことが出来ます。永代供養墓もあるので、この先お墓を継ぐ人はいない場合も大丈夫ですね。石の形も自由で、思いや個性を表現したお墓を建てることが出来ます。宮城の墓石やさんで展示されている一風変わった墓石もこういう墓苑なら大丈夫なのですね。 墓石のサイズは1u、6尺×7尺、7尺×8尺の3タイプがあります。

<宮城のお墓の価格詳細>
〔一般区画東向き〕(宗教不問) 

<宮城のお墓名称>
3.廣禪寺(こうぜんじ) 曹洞宗
ホームページ http://book.geocities.jp/the6piners/
<宮城のお墓の所在地>
宮城県大崎市古川師山字八幡63
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼古川市街から10分。国道4号線米袋交差点角の看板が目印。

< 宮城県墓所情報 >
廣禅寺墓地では、新規のお墓を建てたい方を募集しています。 廣禅寺の檀信徒、入檀希望の方に限るそうです。全面南向きで日当たりは良好。賛同も広く多人数でもお参りがし易いです。 近年のお墓事情によって、26年春には「広禅寺 永代供養塔」が建立されました。 宮城でお墓を建てても跡取りがなく、お墓探しに不安を抱いている方は相談してみるのもいいのではないでしょうか。 基本的には、曹洞宗の方対象とされていますが、他宗教の方も相談に応じてくださるそうです。13回忌までお骨は個別に保管され、年会供養を行ってもらえ、その後は地下納骨堂に納められるそうです。 宮城の廣禅寺墓地は、昔からある区画整理されていない旧墓地に加え、新しく増設された区画整理された新墓地があるそうです。 新規にお墓を考えている人には、新区画でのお墓を案内してくださるそうです。 お寺では区画のみのご案内で、墓石、建立に関しては石材店で決めることになります。 宮城の春夏秋冬、季節を感じる事ができる墓地です。 宮城陸羽東線奥の細道湯けむりライン古川駅から約10分の所にお墓はあります。町からは離れていて、静かで時がゆっくりと感じる場所にある墓地です。 見学も一年を通して出来るそうで、あらかじめ連絡を入れておくと、留守のないように対応して下さるそうです。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所〕
区画面積 2u 永代使用料200,000円〜

<宮城のお墓名称>
4.洞源院(どうげんいん)
ホームページhttp://dougenin.com/index.htm
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市渡波字仁田山2
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼JR石巻線「渡波駅」から車で3分

< 宮城県墓所情報 >
宮城の観光スポットでもある蔵王や相馬港を一望できる絶景の寺院墓地です。 見晴らしは良くて、日当たりも抜群です。 お墓から最寄りの駅は宮城JR石巻線の「渡波駅」で、車で3分の場所にあります。 車の駐車場も100台以上が収容でき、お墓参り専用の水場も完備されています。 遺骨がなくても大丈夫だそうですので、生前にお墓を建てておきたいという方もいいのではないでしょうか。過去の宗旨宗派は問われないということですが、墓地を建てるということであれば、宮城の洞源院の檀家となって合わせて護持会への加入することになります。さらに、ペットのお墓もあります。ペット墓地の『愛々動物なごみの丘』を併設しています。家族と共に暮らしたペットの永眠の場にふさわしい墓地です。誰でも申し込み出来るそうです。 納骨と供養料は犬と猫に関しては10,000円となっています。ペットの数が3世帯に一世帯はないかしらのペットを家族として暮らしているので、やはりこういったペット墓の需要も多くなるのは必然なのでしょうね。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城一般墓〕3.9m2永代供養料350,000円〜管理料6,000円 年間管理費は護持会費とする
〔宮城一般墓〕5.1m2永代供養料450,000円〜管理料6,000円 年間管理費は護持会費とする
〔宮城一般墓〕6.6m2永代供養料550,000円〜管理料6,000円 年間管理費は護持会費とする

<宮城のお墓名称>
5.長線寺(ちょうせんじ)曹洞宗
<宮城のお墓の所在地>
宮城県大崎市古川長岡針字池の前7
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼宮城県東北新幹線古川駅から車で10分
▼宮城県東北自動車道古川ICから車で10分

< 宮城県墓所情報 >
宮城で1414開山した、曹洞宗の寺院墓地です。長い歴史の途中で住職が途切れるなどして、しばらくは衰退していた事もあったそうですが、年月は過ぎ本堂、庫裏、開山堂兼位牌堂、会館が整備され、地域と一体になったお寺として宮城に住む人の信仰を集め、今に至るそうです。 お墓参りのお盆にはご先祖様を灯篭でお迎えする行事「百灯篭」や花火の打ち上げも行われるみたいです。地域との結びつきを大切にしている宮城のお寺なのですね。 開山から600年をむかえる、現在の住職は30代目ということです。 ひと口に600年といいますが、長い長い歴史の中には、様々な出来事があったでしょう。2度の火災によって建て物は新たに今の場所に移された寺院墓地ということらしいです。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所〕
区画面積 5u(2.4×2.1m) 永代使用料550,000

<宮城のお墓名称>
6.天王寺(てんのうじ)
<宮城のお墓の所在地>
宮城県大崎市岩出山上野目天王寺49-1
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼JR東日本陸羽東線「上野目駅」より徒歩20分
▼東北自動車道「古川I.C」より車で30分

< 宮城県墓所情報 >
宮城県大崎市の歴史ある臨済宗の寺院墓地です。 飛鳥時代に建立された四天王寺の1つであると伝えられる寺院墓地です。 お墓の歴史も長いのだと感じずにはいられないのですが、飛鳥時代って、どの位昔なんだか…。西暦で言ったら約600年位のことで、飛鳥時代だけでも約100年続いたといいますから、驚きますけど、その時代から現代に続く想像をはるかに超えた長い歴史があるのですね。 周囲は木々に囲まれ、宮城の豊かな自然を見ることができます。風情ある長年のこの地を見守っていたであろう大銀杏があります。駐車場は整備されており、駐車場からお墓か通りやすく、足の弱い方でも参拝しやすいようになっています。足が不自由な人にとって、駐車場が停めやすいか、広いかということは年に何回かのお墓参りの事ですが大切なことなのです。本堂も新しくされていて、法要も行うことができます。 お墓を購入される人は檀家に入る義務がありますので、そのあたりをよく考えて決めるようにしたいですね。宮城の中でも、いや日本の中で見ても歴史あるお寺の墓地ですので、今後の事も安心ですよね。

<宮城墓 価格詳細>
一般墓所
区画面積48u(8尺×9尺) 永代使用料100,000円 年間管理費6 4,500円
年間管理費は護持会費を含む

<宮城のお墓名称>
7.石巻望洋苑 (いしのまきぼうようえん)
ホームページ http://www.ymwk.jp/boyoen/  
 TEL:0225-73-3750
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市須江字関ノ入168-1
<宮城のお墓までの交通アクセス>
▼宮城三陸自動車道石巻港I.Cより車で5分
▼宮城郡利府中I.Cより約25分

<宮城の墓所情報>
宮城の水平線の見える公園墓地で、宗旨宗派は問われない民間の墓園です。 宮城の太平洋を一望することのできる、眺めのよい、高台にある明るい公園墓地です。 石巻市内も眺める事が出来ます。季節ごとに綺麗な花も植えられていて、花で季節を感じることもできます。交通アクセスも良好で宮城県のJR石巻駅からも5分でお墓参りが出来る、お墓参りに必要な物も買うことの出来るショッピングセンターから車で5分と便利な場所にあります。 販売区画数は1370区画で、管理事務所は9:00〜17:00 毎週水曜日が事務所はお休みです。 管理棟があり、水汲み場、ゆったりと休める東屋は5棟もあり、大型駐車場100台もあります。緑に囲まれた静かな墓地です。 墓石の建立にも携わっているので、新規でお墓を建てることを考えている人、すでにお墓があるけれど、諸事情により、移転を考えている方は相談されてみるとよいでしょう。

<宮城のお墓の価格詳細>
〔宮城のお墓T区画〕区画面積1.0u永代使用料300,000円 年間管理費8,400円
〔宮城のお墓A区画〕区画面積3.2u永代使用料400,000円 年間管理費8,400円
〔宮城のお墓B区画〕区画面積3.2u永代使用料450,000円 年間管理費8,400円
〔宮城のお墓C・E区画〕区画面積3.2u 500,000円 年間管理費8,400円
〔宮城のお墓D・DF区画〕区画面積3.2u永代使用料550,000円 年間管理費8,400円
〔宮城のお墓S区画〕区画面積3.2u永代使用料600,000円 年間管理費8,400円

<宮城のお墓名称>
8.松巌寺 しょうがんじ
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市湊町3丁目1-10
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼JR石巻駅より車で10分
▼三陸自動車道「石巻河南」インターより車で20分

< 宮城の墓所情報 >
宮城県石巻・牡鹿 三十三札所霊場 第15番札所、石巻市の曹洞宗の寺院墓地です。 大きめの通り国道398号線沿いにあるお寺で、お参りのしやすい墓地です。 本堂は、車で2分と少し離れた場所にあります。 禅宗寺院のお寺らしく、本堂の両サイドには花頭窓があります。東日本大震災で、津波の被害を受けた宮城の石巻市。ここも被害を受けたようです。震災による津波で町の明かりがほとんどなくなってしまった地域を照らしたいという想いから、2014年に「光の箱」というものが作られ、展示されたそうです。 2014年に「光の箱」というものがつくられて、これは東日本大震災の復興、犠牲者への祈りをささげるためにアイデアが出され作れたものだそうです。1辺が20センチ程の透明な箱に様々な色のフィルムを張るなどしたものを、300個以上積んで作られたそうです。震災のあった2年後の日には慰霊祭が行われて、境内では炊き出しが振舞われ、慰霊祭が行われました。 このお寺は言い伝えによると、文明9年(1477年)に開山したと言われているようです。 お墓の永代使用料が30万円からと、手頃な価格で負担の少ない人気の墓地です。

<宮城墓 価格詳細>
一般墓所
区画面積1区画 永代使用料300,000円〜 年間管理費 4,000円

<宮城のお墓名称>
9.石巻市営 石巻霊園(いしまきしえい いしまきれいえん
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市南境字大衡山180番地
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼宮城県JR石巻駅から車で約10分
▼宮城三陸道石巻河南ICから約20分

< 宮城の墓所情報 >
市営のお墓なので、宗旨宗派は問われません。市役所の環境対策課で受け付けがされます。 午前9時から午後5時の受け付けになります。 平成27年5月25日〜29日受付分の申し込みは終了していますが、参考に申し込み条件などがあるようなので、記しておきます。 宮城の市営のお墓申し込み資格 1.申込資格は、平成27年2月18日以前から市内に住所を有する人で、墓所の祭祀者であること。 2.家族を含む申込者が、墓所(納骨堂を除く)を所有していないこと。 ただし、網地島および田代島に墓所を所有している人は申し込みが出来るそうです。 3.焼骨を有する人。(死体(胎)埋・火葬許可証または寺院の焼骨埋収蔵の確認書が必要です)ただし、東日本大震災で遺体が発見されずに死亡認定を受けられたご遺族は申し込みが出来る。 この3点をどれも満たす人が申し込み可能のようですので、あらかじめ条件をクリアしているか、確認だけでもしておくといいですね。

<宮城墓 価格詳細>
一般墓所 4u  94,600円
     5u  133,100円
     6u  178,200円
     9u  333,300円
     12u  534,600円      
    
 <宮城のお墓名称>
10.箱泉寺  真言宗 そうせんじ
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市北村字神尾48
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼宮城県JR石巻線・気仙沼線「前谷地」駅から車で5分

< 宮城の墓所情報 >
古くから、清水湧き出る里として知られる地域にあるお寺墓地です。 宮城県石巻市の旭山の北のふもとにある、宮城県17寺の一つで、1200年の歴史があるとされている真言宗の寺院です。 1200年もの歴史を誇るだけに、境内には樹齢800年といわれる杉や銀杏、石などの史跡が多くあります。お墓以外にもそういった見どころのあるお墓というのもいいですね。宮城の観光名所ともなっていて、旭山周辺の観光ルートの一つとなっているほどです。境内にある独鈷水(どっこすい)は天台宗開祖である最澄の高弟が箱泉寺を開山した時に本尊に霊水を供える為に掘り当てたのだという言い伝えがあるようです。どんなに日照りが続いても枯れることがなく、お寺の名前の由来ともなっているそうです。 また、平成17年に建てられた100人収容の会館は、葬儀や法事はもとより、様々な集まりに対応でき、地域のコミュニティーを深める場にしたいとの願いから建てられたそうです。 駐車場は30台分あります。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所 〕
区画面積7.3u(2.7m×2.7m) 永代使用料400,000円 年間管理費12,000円
ペットの埋葬には対応していません。

<宮城のお墓名称>
11.法音寺   日蓮宗
http://tanimmail.wixsite.com/houonnjihomepage
<宮城のお墓の所在地>
宮城県石巻市渡波字神明35-3
<宮城のお墓への交通アクセス>
▼JR石巻線「渡波駅」より徒歩20分

< 宮城の墓所情報 >
本格的な木造建築である大本堂は、平成を代表する名建築と言われています。境内の山頂からは石巻市・東松島市・女川町を望む事ができます。 境内は沢山の自然に囲まれており、四季折々の木々、花が咲き、散歩するのもいい所です。お寺でありながら、様々な文化活動も行われていて、“お寺でクラシック”ということで、クラシックコンサートや様々な活動が行われている。これまで、ヴァイオリニストの前橋汀子さん、チェロの堤剛さん、小森谷兄弟のヴァイオリンとピアノのデュオコンサート、トリオ・リナシメント、ピアニストの江口玲さんなどが出演した、イベントも催されていて、一般のお寺のイメージとは多少違った催しを行っているようです。宮城のお寺の本堂でその様なコンサートって、想像がつきづらいですが、畳のお寺にグランドピアノを配置し、バイオリンの演奏…。お墓に眠るご先祖様も、まさかここでクラッシック音楽が聴けるとは!と、お思いでしょうね。 また、昔からの鬼子母神様はご利益が沢山あると町内はもとより、近くはもちろん、遠くからもからも参拝する人が多く、多くの人の信仰を集めている。付近には公園があり、地域の方が気軽に立ち寄ることができるみたいです。 お寺や、お墓は用事がなければ、なかなか普段から立ち入るということがないので、そういった機会があると、お寺が身近に感じることが出来そうですね。永代供養墓もあり、33回忌まで供養して頂けるというのもあるみたいですので、後継者のいない方や、子供が遠くにいい宮城にいないという方、どこに落ちつくのか分からない方でも相談に応じて下さるようです。 平成27年にペット墓の需要に応えて、ペットの供養墓が建立されたみたいです。 共同のものと、個別のものが選べるようです。お参りしやすい墓地をコンセプトにされているだけあって、駐車場や参拝ルートが考えられて作られています。駐車場も広く作られていて、お墓の近くまで車で行くことができます。足が辛い方でも安心ですね。

<宮城墓 価格詳細>
〔宮城の一般墓所〕区画面積1.10u(3尺×4尺)永代使用料200,000円年間管理費 7,000円
〔宮城の一般墓所〕区画面積 2.75u(5尺×6尺) 永代使用料300,000円年間管理費 7,000円
〔宮城の一般墓所〕区画面積 5.14u(7尺×8尺)永代使用料 500,000円年間管理費 7,000円
※備考:永代使用料は基礎代金を含む。

宮城には他にもお墓情報があります。 宮城のお墓情報 その2で紹介しているのは、昔からある家族の墓。個人墓です。 宮城の岩沼市・遠田郡・柴田郡・黒川郡・刈田郡・角田市のお墓9つのお墓情報を紹介しています。 まだ、自分はお墓を考える年でもないという方も、将来の為にお墓の今の状況を知っておくのはいい事ですし、自分の親がお墓の事で悩んでいたら、最近のお墓の事情を伝えることも出来ますよね。 宮城のその他のお墓情報はコチラ→宮城のお墓情報 その2

比較的今までの一般的なお墓の他にも、需要が高まってきているのは、永代供養墓です。少子化により、後継ぎのない人や、これからお墓のお世話はどうしていたらいいのかと悩んでいる人にもおススメのお墓です。永代供養の墓にも、合祀のものと、個人のものとがある事がわかりました。私のいイメージでは、永代供養のお墓はみんなが一緒に入る一つのお墓という認識があったのですが、そういった物ばかりではないということが分かりました。宮城の合同供養墓にすると決めたとしてもさらに、選択肢があるというのは選べるという点で、いいですね。 宮城の永代供養墓についてはコチラ→宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓

また、最近新たに人気が出て来ているのは、自然葬の形で散骨という方法と、樹木葬という形があります。
その近年人気になっている樹木葬というお墓について紹介しています。
自然葬の中でも散骨でなく、樹木葬の方が注目を集めているかというと、散骨は海や山に遺骨を粉にしたものを撒まくという形で、後で、故人に向って手を合わせたいと思ったときに、その対象がないということになるのが、理由に挙げられるのではないでしょうか。広い海のどこか、広い山のどこか…ということで納得して手を合わせることになるのです。樹木葬だと、パターン大きく2つに別れるそうです。自分が選んだ木の元に遺骨が埋葬される方法や、墓地の中央にシンボルツリーを植え、その回りに遺骨を埋葬するという形です。
近年注目の樹木葬についてはコチラ→宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について

また、一般的なお墓もいいし、かと言って後を継いでくれる人がいないかもしれないから、永代供養墓の方がいいのかな…などと悩まれる方もいるかと思います。
そういう方にも安心な、永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べ、自分の状況や、家族の状況によって、お寺さんに依頼したら、個人墓を永代供養墓にという変更が出来るところなのです。お墓を建てておきたいけれど、建ててからの状況によって変更できるということが、有難いですね。
そのような宮城のお墓の情報はコチラ→宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

top page宮城のお墓情報 その2
宮城のお墓情報 需要が高まりつつある永代供養墓
宮城のお墓の情報 近年注目の樹木葬について
宮城のお墓情報 永代供養のお墓か一般墓か迷ったら選べる

宮城の墓との関わり宮城のお墓の事情今まで知らなかった宮城お墓のこと
宮城のお墓の改葬宮城のお墓の改葬費用について宮城のお墓の改葬の際の注意点
宮城のお墓 墓じまいについて宮城のお墓 永代供養というもの宮城の問題
宮城の問題 調停開始宮城の問題 調停の結果宮城のお墓のその後の問題

〜宮城の墓との関わり〜 宮城のお墓



         墓宮城情報ミキファーヤサイヤ